マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

本命はCROS

  • 2014年1月にW3C勧告になり、
  • そして、最近は、CROSが一般的になってきた。

詳細

HTML/CSS/JavaScript

CORS (Cross-Origin Resource Sharing)

'XDM (Cross Document Messaging)

iframe と (HTML 5 の) postMessage を使った Cross Document Messaging による解決方法

  • サーバとはiframe経由で通信する。
  • 親コンテンツとiframeコンテンツ間の通信にpostMessageを用いる。

JSONP

  • jsファイルは、異なるドメイン上に配置されていても参照・実行できる特性を利用し、
    • 異なるドメインと通信するための空のjsファイルをクライアント側で動的に生成、
    • 異なるドメインのサーバと、このjsファイルのsrc属性を経由して通信する。
    • 通信結果のJSONP(JavaScriptとして認識される)によって、
      クライアント側のCallbackの引数にJSONが指定され処理できる。
  • 特徴
    • JSONP では認証との組み合わせが困難
    • GET の URI の一部の形で付帯情報を渡す必要がある。

Plug-in

Silverlight

接続先のサーバに

  • clientaccesspolicy.xml
  • または crossdomain.xml

という名前の「ポリシー ファイル」を配置する

Flash

接続先のサーバにcrossdomain.xmlという名前の「ポリシー ファイル」を配置する。

参考

JSONP


Tags: :プログラミング, :通信技術, :.NET開発, :.NET Core, :ASP.NET, :ASP.NET Web API


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-05 (木) 17:58:22 (15d)