マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

製品によって

でライセンスが提供される。

単位

コア単位

コア単位のライセンス(コア単位のモデル)

ソフトウェアを実行しているサーバー上の、
物理コアのライセンスを取得

プロセッサ単位

プロセッサ単位のライセンス(プロセッサ単位のモデル)

ソフトウェアを実行しているサーバー上の、
プロセッサについてライセンスを取得

インスタンス単位

特殊サーバー ライセンス(インスタンス単位のモデル)

ソフトウェアを実行しているサーバー上の、
各インスタンスについてライセンスを取得

管理サーバー

管理サーバー ライセンス(管理サーバー ライセンス モデル)

管理サーバー ソフトウェアは、管理されるデバイスに、

  • 該当するカテゴリ
  • およびタイプ
    • ユーザー
    • サーバー(オペレーティング システム環境 (OSE) )

のマネジメント ライセンス (ML)を必要な数だけ取得し、割り当てる。

  • MLには対応する管理サーバー ソフトウェアを実行する権利が含まれているため、
    管理サーバー ソフトウェア用のライセンスを別途取得する必要ない。
  • 下記ライセンスは、管理対象のエンドポイントにのみ必要になる。

サーバー ML

  • サーバ OSE の管理には、サーバー ML (OSE タイプのみが提供されます) が必要。
  • プライベート クラウドを最大限活用できるよう用意された ML
  • 2 種類のエディションが提供
    • Standard サーバー ML
      仮想化されていない、または低密度の仮想化が利用されている
      プライベート クラウドのワークロードを管理する場合。
    • Datacenter サーバー ML
      オペレーティング システム環境 (OSE) の数が多い高密度の
      プライベート クラウドを実現する場合。

クライアント ML

  • それ以外の OSE の管理には、クライアント ML (OSE/ユーザー) が必要。
  • OSE 単位またはユーザー単位での購入が可能

参考


Tags: :Windows, :ライセンス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-30 (月) 09:21:08 (595d)