マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

2層C/S型アプリケーションからターミナルサービスへの移行についての注意点を纏めています。

  • この考え方は、Citrix Systems社のMetaFrame?XenApp?等に対しても適用できます。
  • Windows Server 2008からリモートデスクトップサービスと名称変更されています。

アプリケーション

  • ターミナルサービス上で動作させるアプリケーションは、
    マルチ セッション環境下で使用するアプリケーションとして設計されている必要がある。
  • PDF出力(PDF出力やPDF参照)などは、可能。
    (対象アプリケーションがターミナルサービス環境下での動作をサポートしている)。

確認方法

  • Windows XP のユーザ切り替えで、同時起動して、問題が起きない。
  • 2003/2008 へ 複数ユーザで、リモートデスク・トップ接続して、問題が起きない。
  • 最終的には、リモート デスクトップ サービスやXenApp?上で確認が望ましい。

UI

画像

解像度、色の設定は可能(リモート・デスクトップ接続の機能)。

操作性

一部ショートカットが異なることがあります。

SSO

セッション

ココで言うセッションとは、ログイン・セッションを指します。

セッション切断・再接続

タイムアウト設定があり

  • タイムアウト以内であれば、元のセッションに接続
  • タイムアウト過ぎると、新しいセッションが起動

二重起動防止処理の扱い

  • XenAPP
    • 「公開アプリケーション」では、1ユーザ1インスタンスに制限可能。
    • 「公開デスクトップ」では複数起動を制限はアプリでの実装。

公開アプリケーションとは、RemoteAppに該当(RemoteAppでの制御は未確認)。

リソース

ストレージやデバイスへのアクセスを修正(DB、ログ、プリンタ)

排他制御

「サーバー上」と「ユーザー内」で意味が違うので注意。

#ターミナルサービスでは、「サーバー上」の排他も意識する必要がある。

クライアント・リソース

可能であればクライアント・リソースのリダイレクトを使用する。

  • クライアント・リソースのリダイレクト機能は、
  • クライアントPCのローカル・リソースを、「ターミナル サーバ」側にリダイレクトする。
  • これにより、例えば、クライアントPCのローカル ディスク ドライブをリダイレクトして、
    リモート デスクトップ内のエクスプローラ、アプリケーションから読み書き可能。
  • リダイレクト可能なクライアントPCのローカル・リソース
    • ディスク・ドライブ
    • プリンタ
    • オーディオ・デバイス
    • シリアル・ポート

印刷

  • ターミナルサービスからのネットワーク・プリンタへ出力
  • リダイレクト機能で、クライアント・プリンタに出力。

後者の方式が推奨(印刷量が大量過ぎると、サーバ側スプーラの負荷大)

サーバ・リソース

永続化

ログファイル、レジストリ、データベース等、
ファイル・システム上の競合が発生しないか注意する。

  • ファイル・フォルダが競合する場合、以下のように対応する。
    • ユーザ毎にファイル名を変更する。
    • C:\Documents and Settingsや、C:\Usersを使用する。
  • スタンドアロンで使用していた
    RDBMS、レジストリ(階層型データベース)は、
    水平分割するなど、データの持ち方に工夫が必要になる。

カーネル・オブジェクトと名前空間

グローバルにしないと名前付きカーネルオブジェクトが別々になるので注意が必要。

例えば、起動数の制御は、mutexなどのWindows上の共有資源を使う。
ただし、他人のログイン・セッションとぶつからないように、資源の名前空間に注意する。

  • セッション間で共有するカーネル・オブジェクトはグローバル名前空間を使用する。
  • BUG: カーネル・オブジェクトはセッション間で共有されません。
    http://support.microsoft.com/kb/256265/ja

    解決方法:

    また、ライブラリのコードに制御がある場合は、
    カーネル オブジェクトの名前の前に、に"Global\"を付与し、強制的に
    グローバル名前空間にターミナル サーバー セッションでアクセスします。

性能

ターミナルサービス系は、3層C/Sの処理方式と比べて、
ログイン・セッション、プロセスなどの各種リソースを
ログインしたユーザ分消費するためリソース消費量が多くなる。

接続ユーザ数

サーバ1台あたりの接続ユーザ数の目安

消費メモリ

ターミナルサービスで消費するメモリは、

  • デスクトップヒープ
  • アプリケーション

の使用するメモリ量。

ネットワーク・トラフィックの変化

  • 2層C/S型では、クライアント-DB間の
    ネットワーク・トラフィックが主なボトルネックの原因になりますが、
  • ターミナル・サービスでは、上記に加えて、
    クライアント-サーバ間のRDPによる画面転送の
    ネットワーク・トラフィックが主なボトルネックの原因になります。

負荷テスト

多数のユーザをログインして業務負荷に相当するスクリプトなどを実行する。

  • WebのHTTPリクエスト(リクエスト電文)での負荷テストとは異なる方式。
  • UI操作の記録・エミュレーションと言うレベルまでの負荷テストは一般的でない模様。

参考


Tags: :Windows, :仮想化, :移行


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-08 (木) 16:32:58 (103d)