マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • ネットワークで接続されている、物理的、または、論理的に離れた2点間を、
    仮想の回線(トンネル)によりあたかも同一点であるかのように扱えるようにする。

詳細

トンネリング(A over B)

  • プロトコルBで作成したトンネルをプロトコルAが通るような場合、
    • プロトコルA = ペイロード・プロトコル
    • プロトコルB = デリバリ・プロトコル
  • プロトコルAのパケットを、プロトコルBのパケットで丸ごと包む(カプセル化)。
  • プロトコルAのパケットがプロトコルBのペイロードになり、
  • このペイロードにプロトコルBのヘッダが(先頭に)追加される。
  • イメージ的には
    • 機器間にプロトコルBのトンネルが構築される。
    • 機器に接続するノードはプロトコルAで通信をおこなう。
    • プロトコルAのパケットがトンネルに入る時に、プロトコルBでカプセル化される。
    • プロトコルBのパケットがトンネルを出る時に、プロトコルBのカプセル化が解除される。

参考

VPN

PPTP

L2ネットワーク間(データリンク層でカプセル化)

L2TP

L2ネットワーク間(データリンク層でカプセル化)

SSTP

L3(IP)ネットワーク間(ネットワーク層でカプセル化)

IPsec

L3(IP)ネットワーク間(ネットワーク層でカプセル化)

ネットワーク仮想化

VXLAN

STT

NVGRE


Tags: :インフラストラクチャ, :通信技術, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-27 (日) 13:12:15 (19d)