マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ネットワーク略語の一覧。

項番旧分類機能機器
1NICPCの内部バスに接続して拘束にデータを伝送する機器。イーサネットのNICには「RJ-45」コネクタの接続口が付いている。NIC
2リピータLANのケーブル長の限界を解消するため減衰した信号を増幅し、信号波形を整形する。スイッチ
(L2スイッチ)
3ハブ複数のケーブルを集めるための装置。
・リピータ機能を持つハブを「アクティブ ハブ」
・リピータ機能を持たないハブを「パッシブ ハブ」
と呼ぶ。
4スイッチング バブ
ブリッジ
データの送り先の端末が、どの接続先に接続されているかを学習、判断し、
その接続先にのみ信号を送付する機能(MACアドレス フォワーデリング、フィルタリング、フラッディング)を持つ機器。

コリジョン ドメインを分割することができる。
5ブリッジは、LAN内に複数のセグメント(VLAN等)を構築することで、
他のセグメントに対してデータを送るか否かを判断し、必要のないセグメントにはデータを流さない機能を持つ機器。

ブロードキャスト ドメインを分割することができる。
6ルータルータは、接続先から受信したIPパケットを「ルーティング テーブル」の情報を基に適切なルートを判断して別の接続先へ転送する。

ブロードキャスト ドメインを分割することができる。
ルータ
(L3スイッチ)

物理ポート

MDI/MDI-X

コネクタ内部の金属端子(ピン)の送受信の役割の違いによりMDI/MDI-Xの2種類がある。

MDI

  • MDI(Medium Dependent Interface)型
  • コンピュータなどの端末側がMDIとなっていることが多い。

MDI-X

  • MDI-X(Medium Dependent Interface Crossover)型
  • ハブなどの集線装置側がMDI-Xとなっていることが多い。

接続

ツイストペアケーブルによる接続

ストレートケーブル

MDI ⇔ MDI-Xを接続する場合。

クロスケーブル

MDI ⇔ MDI or MDI-X ⇔ MDI-Xを接続する場合。

Automatic MDI/MDI-X

  • 通信相手のポートがMDIかMDI-Xかを自動判別して、適切な方法で接続する機能。
  • ストレートケーブル、クロスケーブルの使い分けが不要になる(最近はストレートケーブルのみ)。

リピータ ~ ゲートウェイ

リピータ

  • OSI参照モデルの第1層
  • 電気信号の整形・増幅などを行う。

ブリッジ・スイッチ

  • OSI参照モデルの第2層
  • コリジョンドメインを分割する。
  • 不要な転送の抑制するアドレス学習機能を持つ。

ブリッジ

フレームの中継を行う。

スイッチ

ブリッジ・スイッチの一番本質的な違いは
スイッチがマルチポートであること。

  • 受信ポートでない複数のポートのどこから送出するか
  • HW処理である。転送方式が異なる(カットアンドスルー等)。
  • リンクアグリゲーション(ポート・トランキング)で
    複数の物理ポートを束ね帯域幅を拡大し冗長性を高めることが可能

ルータ・ゲートウェイ

ルータ

  • OSI参照モデルの第3層
  • 複数のIPネットワーク間の通信を中継する機械
  • IPアドレスを見て、行き先を振り分ける。

ゲートウェイ

  • OSI参照モデルの第4層
  • 規格の違うネットワークを中継する機器
  • LANとWANとの出入り口(ブロードバンド・ルータなど)に配置する。

(プロトコル変換のため一段上に上がるので第4層だが、カプセル化する場合は不要)

スイッチ

OSI参照モデルの第n層 = レイヤn = Ln

ルータ・L3スイッチ

  • ルーティング機能をもつ、ルータ・L3スイッチを次のように分類する。
  • また、特に明記のない状態でルータと記述した場合は、ルータ・L3スイッチを区別しない。

ルータ

主にソフトウェアでルーティング処理をするもの。

L3スイッチ

主にハードウェアでルーティング処理をするもの。

L4スイッチ

  • レイヤー4スイッチではTCP/UDP情報を解析することができる。
  • これによって、ネットワークの負荷分散や最適化を行うことができる。

L7スイッチ

  • パケットのデータ領域を解析してデータの転送を行う機器。
  • ファイアウォールのロードバランシングなどに用いられている。

NAT / NAPT

主にパブリック ネットワーク(WAN)経由で、
プライベート ネットワーク(LAN)上のホストへアクセスするために利用される。

NAT

  • あるネットワークの中でしか使えないプライベートアドレスと、
  • インターネットで使えるグローバルアドレスとを

相互に(1:1で)変換する仕組み。

NAPT

  • パケットに付いている
    • 宛先IPアドレス・ポート番号
    • 別の宛先IPアドレス・ポート番号

に変換する技術。

  • 静的IPマスカレード、ENAT(拡張NAT)、PAT(Port Address Translation)
    などとも呼ばれるが、RFC2663によってNAPTに名称を統一している。
  • 「NAT対応」と書かれているBBルーターは
    殆どの場合、NAPTに対応していることを示している。
  • 外部のネットワークへ送信するフレームのデータ部分に
    IPアドレスやTCP/UDPポート番号を組み込むサービスを
    利用する場合、NAPTでは通信できないことがある。

参考


Tags: :インフラストラクチャ, :通信技術, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-19 (日) 14:53:50 (30d)