マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ハングしている状態のプロセスにデバッガをアタッチしてダンプを取得する。

ハングしているスレッドのスタックを見ることで
ハングを起こしているプログラムコードの部位の特定が比較的容易。

使用可能なツール

OSや対象プロセス(マネージド、アンマネージド)によって
使用するツール・手順・設定等が異なるのでサポートと連携して行う。

以下は、ハング・ダンプの専用ツール。

クラッシュ・ダンプと併用可能なツールはこちら

Vista, Win7以降

タスクマネージャ

  • Vista, Win7以降ではタスクマネージャから任意のタイミングでメモリダンプを取得できる。
  • タスクマネージャのプロセス一覧からプロセスを選択し右クリック→「ダンプ ファイルの作成」取得できるダンプは
    「フルダンプ」でファイルのパスは固定となる("AppData?\Local\Temp"以下)。

SysinternalsのProcess Explorer

  • Process Explorerのプロセス一覧からプロセスを選択し右クリック、
  • 「Create Dump」から「Mini Dump」か「Full Dump」かを選択的に取得できる。
  • また、ダンプ・ファイル名と保存場所を指定できる。

参考


Tags: :障害対応, :デバッグ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-05 (水) 13:20:58 (533d)