マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ログ収集に関する様々なトピック。

所在

アプリケーション・ログ

イベント・ログ

IISのログ

SQL Server のログ

タスク・スケジュール・ログ

ネットワーク上の電文

ネットワーク上の電文取得もログ採取の一環です。

ツール類

採取系

下記、テキスト化も参照。

Active Directory

MPS_Report

Microsoft Product Support Report(MPS_Report)

環境変更時や障害発生時の各種ログの収集ツール
(各製品毎のエディションが用意されている)

  • 参考
    • Microsoft Configuration Capture ユーティリティ (MPS_REPORTS) の概要
      http://support.microsoft.com/kb/818742/ja

      MPS_REPORTS は、コンピュータの重要な情報
      (システム情報、診断情報、および構成情報)を収集するために使用可能な
      スクリプトや他のユーティリティを含む圧縮されたソフトウェア パッケージ

分析系

LogParser

LogParserの機能は、ログの加工・分析を支援する。

wlog

Webサーバのログを一度Accessにインポートし、
そこから、Excelのピボットテーブルを生成する。

Accessにインポートするので、そこからSQLによる分析も可能。

MPS Report Viewer

Microsoft Product Support Report(MPS_Report)
で収集したログのビューアになります。

テキスト化

ログをテキスト化して収集する方法

イベント・ログ

LogParser

2000/2003イベント・ログを
LogParserコマンドでテキスト・ファイル出力できる。

wevtutil

2008/2012イベント・ログを
wevtutilコマンドでテキスト・ファイル出力できる。

以下コマンド例

  • コマンド
    wevtutil qe System
     "/q:*[System[TimeCreated[@SystemTime>='yyyy-mm-ddT00:00:00.000Z'
     and @SystemTime<= 'yyyy-mm-ddT00:00:00.000Z']]]"
    /f:text > 出力パス + <サーバ名>_<ログ種別ID>_<年月日>_<時間帯フラグ>.log
    ※ "qe System" の部分は、"qe Application"、"qe Security"にも対応
    ※ 日付の部分は、引数の値に変更する。
    ※ 3種類のファイルを抽出するが、途中で処理が失敗した場合、途中で処理を中断する。

タスク・スケジュール・ログ

タスク・スケジュール・ログを
schtasksコマンドでテキスト・ファイル出力できる。

  • schtasksコマンド
    schtasksコマンドで、テキスト・ファイル出力可能(以下、コマンドの例)。
schtasks /QUERY /FO CSV /V > TasksLog.log
schtasks /QUERY /FO CSV /V /S <サーバ名>  > TasksLog.log

SQL Serverトレース・ログ


Tags: :Windows, :障害対応, :性能, :デバッグ, :テスト, :ツール類


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-06 (火) 10:48:19 (11d)