マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • もともと、オープンソース化された .NET Framework のサブセットだった。
  • しかし、「.NET Core の普及に伴い、.NET Frameworkから.NET Coreへ移行。」とはならなかったため、
    • .NET Standard の範囲を広げ、従来の .NET Framework の API をより多くサポート。
    • 既存の .NET Framework 向けのライブラリを .NET Core(など)でそのまま動作できるようにする。

という対策が採られた。

  • Windows・Linux・macOSをサポートするが、其々ランタイムは別物になる。

1.x

1.0

  • 2016年6月27日に最初の正式版である.NET Core 1.0が公開
    • ランタイム(=実行環境)は正式版
    • ビルドツール(=開発ツール)まわりは商用環境での利用可能なPreview版相当のリリース
  • 2017年3月7日の.NET Core Tools 1.0のリリース
    • ビルドツール(=開発ツール)まわりも正式版をリリース

1.1

2.x

2.0

2017年8月17日にリリースされたもよう。

  • ランタイムおよびフレームワークの性能が向上
  • 6つのプラットフォームを新たにサポート
    • Debian Stretch
    • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2
    • macOS High Sierra
    • ...

2.1

開発 - デプロイ

開発

開発の方法。

デプロイ

プラットフォームに合わせてビルド・配置する方法。

移行

.NET Coreへの移行

ASP.NET Coreへの移行

過去の情報

DNX

DNX : .NET Execution Environment

  • .NETアプリをクロスプラットフォームで実行するために必要な要素をまとめた環境
  • 前の呼称はKRE(K Runtime Environment)、XRE(Cross-platform Runtime Environment)

特徴

  • サイドバイサイド実行
    • .NET Framework(Full CLR)
    • .NET Core(Core CLR)+CoreFXクラスライブラリ
    • mono
  • OSの種類に関係なく、アプリを実行可能
    • Windows
    • OS X(Mac)
    • Linux
  • パッケージ管理(依存関係の管理)による高いモジュール性(NuGet
  • ソースコードから実行可能(Roslyn)

コマンド

  • dnvm(.NET Version Manager)コマンドにより現在の環境で使用するDNXを切り替える。
  • dnuコマンド: NuGetクライアント。
  • dnxコマンド: 現在のDNXを使用して、アプリを実行する。

project.json

  • NuGetパッケージとバージョンを示すJSONファイル、
    IntelliSense?NuGetパッケージを検索して追加できる。
  • 現在は、廃止されている。
  • 上記のDNXでサポートされていた形式なので、
    CoreFxに移行する場合は、*.csprojに変換する必要がある。

紆余曲折

こちらに至るまでの紆余曲折(Project K / KRE → XRE → DNX → .NET Core CLI)。

参考

infoq.com

microsoft.com


Tags: :.NET開発, :.NET Core, :.NET Standard


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-27 (金) 14:05:24 (174d)