マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

.NET Coreでは、
app.config、web.configの一部が、
appsettings.jsonに変更されている。

  • app.configのappSettings SectionをJSON化したもの。
  • 環境毎に設定を切り替えることができる。
    • appsettings.Production.json
      ASPNETCORE_ENVIRONMENT ≠ Development
    • appSettings.Development.json
      ASPNETCORE_ENVIRONMENT = Development
  • .NET configにあった、*.configの、
    • Element、Collection、Section自体は無くなっているので、
      • ConfigurationElement?
      • ConfigurationElementCollection?
      • ConfigurationSection?
    • 自身で設定ファイル(appsettings.json)等の
      • フォーマット定義
      • Startup.cs(vb)実装

が必要になる。

  • 一部、例外的に、.NET CoreIISでホストする場合、
    system.webServer Section GroupにIIS.NET Core
    関する設定をするために、web.configを使用するケースがある。

詳細

以下の様に、APIが変更になっている。

System.Configuration.ConfigurationManager?

Microsoft.Extensions.Configuration

以下の情報を元にマイグレーションする必要がある。

ASP.NET Coreのデータ保護

machine.config、machineKeyの後継

参考

Qiita

microsoft.com

stackoverflow.com


Tags: :.NET開発, :.NET Core, :移行


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-23 (水) 22:40:42 (31d)