マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

※ 対象は、.NET Core 2.0。

詳細

準備

移行性評価の実施

移行先プロジェクトを準備する。

  • 不要なファイルを削除する。
    • *.config
    • Properties\AssemblyInfo?.cs
  • 必要なファイルを追加する。
    • appsettings.json
      app.configのappSettings SectionをJSON化

Projectファイルを準備する。

  • 以下のようなProjectファイルを準備する。
    (既存のProjectファイルの中身を以下で置き換えればイイ)
    <Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">
      <PropertyGroup>
        <OutputType>Exe</OutputType>
        <TargetFramework>netcoreapp2.0</TargetFramework>
      </PropertyGroup>
    </Project>
  • .NET Coreでは、配下のSourceファイルが自動で追加される。
    必要に応じて、ファイルやフォルダの除外設定を行う。
    ※ netstandardやnetcoreでは、除外されるファイルやフォルダだけがProjectファイルに明記される。

ProjectをVisual Studioから開く。

Projectファイルをダブルクリックするか、空のソリューションに追加する。

Projectの初期設定を行う。

<PropertyGroup>
  <TargetFramework>netstandard2.0</TargetFramework>
  <AssemblyName>XXXX</AssemblyName>
  <RootNamespace>YYYY</RootNamespace>
</PropertyGroup>

ポーティング移行

移行対象ファイルを選別する。

必要に応じて、NuGetパッケージを追加する。

.NET Standard」とホボ≒。

必要に応じて、ポーティング移行する。

.NET Standard」とホボ≒。

パッケージ・マネージャ

NuGet

その他

型付データセット

サポートの予定はない模様。

参考

.NET Standardへの移行

ASP.NET Coreへの移行

microsoft.com

MSDN magazine

.NET API Browser

https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/api/index

その他


Tags: :.NET開発, :.NET Core, :移行


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-19 (木) 16:28:13 (274d)