マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Arduinoのような小型マイコンボード用の技術で、

  • Netduinoや、
  • FEZ Spider Starter Kitなどで
    = ハンダ付け無しでハードウェアモジュールを接続し、
      プロトタイピングが可能な.NET Gadgeteerのキット

使われている。

現在は、実質開発ストップ、GHI ElectronicsTinyCLR OSとして分岐。

Netduino

  • ボードサイズやピンの位置などの外部仕様をArduinoに合わせた3.3v仕様のハードウェア。
  • .NET Micro Framework 4.3に対応し、C#で作成したアプリが動くように作られている。
  • .NET Micro Frameworkの動作条件を満たすためにArduinoよりも高性能なCPUやメモリで構成されている。
  • Arduinoを使うときのハード的なノウハウは流用できるが、Arduinoのアプリ(スケッチ)は動作しない。

.NET Gadgeteer

コンセプト

Arduinoのような思想で、

  • ハードウェアコンポーネントをソフトウェアライブラリでカプセル化するというコンセプトを採っている。
  • ベンダーが供給する種々のハードウェアモジュールを、ハンダ付け無しで組み立てられる。

スタック

  • アプリケーションは、.NET Micro Frameworkの上位層に位置する、
    ハードウェアをカプセル化した抽象度の高い.NET Gadgeteerライブラリ(C#)を利用する。

オープンソース

  • もともとはマイクロソフトリサーチ・ケンブリッジで開発された社内ツール。
  • それが、現在はオープンソースソフトウェア/ハードウェアとなっている。
  • ライセンス
    • ソフトウェアライブラリはApache License 2.0
    • ハードウェア設計はCreative Commons 3.0 ライセンス

参考

参考

電子工作

その他

技術との戯れ

  • .NET Micro Framework まとめ | 技術との戯れ
    https://yseosoft.wordpress.com/pages/netmf/
    1. 情報源
    2. 開発の基本
    3. 開発事例(デモデバイス)
    4. .NET Gadgeteer 各モジュールの説明とデモ
    5. Tips

デバイスドライバーズ

デバイスとITの架け橋


Tags: :インフラストラクチャ, :Windows, :IoT


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-09 (木) 10:53:41 (681d)