マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

.NET で高速かつ汎用的に DB アクセスを行う
UDA(Microsoft Universal Data Access)を実現する
ADOの後継となる.NET用データプロバイダ(標準オブジェクト モデル)。

この標準オブジェクト モデルには、DB から読み出したデータを格納する
データセット、データテーブル等のクラスが提供されており、柔軟な利用が可能である。

非接続型のデータアクセスを推奨している。

ADO.NETデータプロバイダ

OLEDBやODBCなどの汎用的なデータプロバイダを除いて、
基本的に、DBMS毎に、データプロバイダが用意されている。

データアクセスの方法

以下の様な特徴のあるデータ・アクセス方法がある。
(以下が、データ・アクセス方法、全てでは無い)。

DataAdapter

TableAdapter

参考

ADO.NET vs ORM (Entity Framework, Dapper)


Tags: :データアクセス, :.NET開発, :ADO.NET


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-05 (月) 17:07:10 (254d)