マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

詳細

互換性

ASP.NET Identity(Identity 2.0)(net45)と、
OpenID / OAuth / OpenID Connectが分かっていれば差分の知識で済む。

新機能

2要素認証

  • 既存のSMSを用いた2要素認証に加えて、
  • TOTPの二要素認証機能が追加されている。
    • QRコードの生成には、qrcode.jsを使用する。
    • TOTPには、各種Authenticator appを使用する。
      • Google Authenticator app
      • Microsoft Authenticator app
  • Microsoft Docs

STS機能

OAuthAuthorizationServerMiddlewareは、
他のASP.NET Core の Community STSに移行する必要がある。

その他

基本的な画面の追加方法

2.0まで

  • 従来通り、MVCのビューが追加される。
  • ただしRazorではなくTagヘルパーを使用する。

2.1から

  • 従来のMVCのビューが追加されなくなっている。
  • Razor Class Library
    • により提要される。
    • のスキャフォで追加できる模様。

管理画面の追加方法

Entity Framework前提の解除

  • 2.0と同じように、解除可能。
  • 詳しくは、コチラを参照。

マイグレーション(移行)

ASP.NET Identity(Identity 2.0)(net45)から、
ASP.NET Core Identity(Identity 3.0)(netcore)は、
マイグレーション(移行)というより再構築に近い。

互換性が低い

  • 互換性の問題点
  • ASP.NET Core Identityは、
    .NET Standardレイヤではなく.NET Coreレイヤなので互換性が低い。
  • IUserインタフェースの廃止などがあり、
    ApplicationUser?ApplicationRole?が継承するクラスが異なる。
  • メソッド・シグネチャが異なる。
  • IUserStore?、IRoleStore?
  • UserManager?RoleManager?SignInManager?

機能追加

参考

  • ASP.NET Identity - CodePlex? Archive
    https://archive.codeplex.com/?p=aspnetidentity
    • Identity 2.0 is no longer under primary development. No new features will be added, only bugs will be considered.
    • If Identity 3.0 does not have the feature you require then feel free to log a bug there.
  • aspnet/Identity:
    ASP.NET Core Identity is the membership system for building ASP.NET Core web applications, including membership, login, and user data.
    https://github.com/aspnet/Identity

Microsoft Docs

認証

承認

Entity Framework前提の解除

上級者は基本EFキャンセル(RDB ⇔ NoSQL、LDAP切り替え等が必要な場合の考慮)。

Microsoft Docs

時が癒す

  • Identity カテゴリーの記事一覧
    http://mrgchr.hatenablog.com/archive/category/Identity
    • ASP.NET Core MVC にて、Entity Frameworkを使わずにASP.NET Identityを利用する Part.0(準備編)
    • ASP.NET Core MVC にて、Entity Frameworkを使わずにASP.NET Identityを利用する Part.1
    • ASP.NET Core MVC にて、Entity Frameworkを使わずにASP.NET Identityを利用する Part.2

ネスケラボ

Razor Class Library

マイグレーション(移行)

  • ASP.NET Identity から ASP.NET Core Identity へ移行してみた - しばやん雑記
    https://blog.shibayan.jp/entry/20180710/1531150250

    NormalizedUserName?NormalizedEmail?などのNormalizedXXXXには、
    .ToUpper?()された値が入るもよう。これらの値は、DBの検索で利用。

ASP.NET Core の Community STS

その他

present

ONE-RUN


Tags: :.NET開発, :.NET Core, :ASP.NET, :ASP.NET MVC, :ASP.NET SPA, ASP.NET Web API, :ASP.NET Identity, :認証基盤, :セキュリティ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-11 (火) 14:58:02 (6d)