マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

昔で言う、StateServerやSQL Serverのモード。

詳細

Redis

Redisが一般的

サンプル

.NET Core 2.1以前のバージョンでは、AddDistributedRedisCache?を、
.NET Core 2.2以降のバージョンでは、AddStackExchangeRedisCache?を使う。

  • NuGet
    • StackExchange?.Redis
    • Microsoft.Extensions.Caching.StackExchangeRedis?
    • Microsoft.AspNetCore?.DataProtection?.StackExchangeRedis?
  • コード
    using StackExchange.Redis;
    using Microsoft.AspNetCore.DataProtection;
    
    ...
    
    var redis = ConnectionMultiplexer
        .Connect(Environment.GetEnvironmentVariable("REDIS"));
    services
        .AddDataProtection()
        .PersistKeysToStackExchangeRedis(redis, "DataProtectionKeys");
    services.AddStackExchangeRedisCache(option =>
    {
        option.Configuration = Environment
            .GetEnvironmentVariable("REDIS");
        option.InstanceName = "RedisInstance";
    });

config

Connectメソッドの引数はconfigで、ココに、以下のように、
「,」区切りで、色々なオプションを設定可能であるもよう。

ConnectionMultiplexer connection = 
       ConnectionMultiplexer.Connect("endpoint,password=password,ConnectTimeout=10000");

データ保護

  • 昔で言う、machine.config の machineKeyの話。

を呼び出す。

参考

Microsoft Docs

Medium

銀の光と碧い空


Tags: :.NET開発, :.NET Core, :ASP.NET, :ASP.NET MVC


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-22 (水) 15:16:57 (126d)