マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Access系のトピック纏め。

詳細

特徴

本格的なことも出来る。

  • 過去にJava見積もり2.0MステップのAccessの.NET移行をやったことある。
  • (EUCで結果的に育ったケースを除いて)そう言うシステムをAccessで組むのは少々アレ。

EUCツール

  • RDBMSを知らなくても、効率的に開発を進められるGUI開発環境。
    • VB6的なフォーム開発が必要なので、FileMaker?より難易度が高い。
    • 本格的なことをやり始めると、難しい。潔く、.NET開発した方がイイ。
  • ...なぜなら、
  • 競争が熾烈なオフィススイート製品ゆえ
    下位互換打ち切りを含めた頻繁なプログラムの更新があるので(参考
  • そして、案外情報が、Web上に存在しない。

その他、小規模向けの特徴

  • もともとスタンドアローンで使われることを想定されている製品
    • クエリ、フォーム、及びレポートはデータベースの中に格納
    • アプリケーションをデータとプログラムに分割することはできる。
  • ただし、データアクセスがネットワーク経由の場合には力不足
    • WebDBとしての利用を想定した設計がされていない。
    • 一応、ODBC経由でのバックエンド・データベースをホストできる。
  • データベースが損傷を受ける可能性がある。

機能

RDBMS

テーブル定義やクエリ・ビルダなどのツールがある。

  • テーブル
  • リレーションシップ (関連)
  • クエリ

開発

VBAを使用する。

  • GUI
    • フォーム
    • レポート
    • ページ (HTML)
  • 処理
    • マクロ
    • モジュール (VBA)

データアクセス

Engine

  • Jet Database Engine
  • 2007以降はAccess Connectivity Engine

API

VBAからのデータアクセス

  • Data Access Objects (DAO)
  • ActiveX Data Objects (ADO)

Access データ プロジェクト(ADP)

SQL Serverに直接接続して使用する機能。

ADPへの移行

先ず、ADPは、「アップサイジング・ウィザード」によって、
Accessのスタンドアロン(*.accdb形式)からADP(*.adpファイル)へ移行されている。

*.accdeファイルと*.accdbファイル

分割ツールを利用すると*.accdbファイルを*.accdeファイルに変換できる。

*.accdb

  • Access2007以降のAccessのデスクトップ データベース・ファイルに付く拡張子
  • 内部で使うときは「.accdb」のまま配布するなど。

*.accde

  • .accdeファイルとしてデータベースを保存すると、
  • 内部で以下のような処理が行われ、
    • すべてのVBAコードモジュールがコンパイルされ、
    • 編集可能なすべてのソースコードが削除され、
    • コピー先のデータベースが圧縮される。
  • 下記のような差異が生まれる。
    • VBAコードの機能を保持するが、コードを表示または編集できなくなる。
    • デスクトップ データベースは引き続き通常どおり機能する。
  • 外部に配るときは「.accde」に変換するなど。

参考

アップサイジング・ウィザード

Accessのスタンドアロン(*.accdb形式)からADP(*.adpファイル)への移行を行うツール。

前提

Accessのスタンドアロンのデータベースファイル(*.accdb形式)が作られている前提

変換

対話式でいろいろな設定していくことでADPへの移行が可能。

  • 必要なオブジェクトをAccessからSQL Server側に転送
  • オブジェクトをSQL Server側に転送した後の変換処理
  • 変更なし
    テーブルをSQL Server上に移行するが、Access自体には変更を加えない。
    結果的にSQL Server上にテーブルやその属性が生成されるだけになる。
  • SQL Serverのテーブルを既存のアプリケーションにリンクさせる
    テーブルをSQL Server上に移行したあと、ODBC経由のリンクテーブルとしてAccess上に設定する。
    これにより、従来のローカルテーブルに代わって、SQL Server上のテーブルのデータを扱えるようになる。
  • 新しいAccessクライアント/サーバーアプリケーションを作成する
    ADP化して、直接的にSQL Serverデータベースを扱えるようにする。

参考

参考

Visual Basic for Applications (VBA)

Accessバージョンアップ

Microsoft

  • Microsoft Office Developer
    > Microsoft Office 2000 Developer > 製品ドキュメント
    > Microsoft Office 2000/Visual Basic プログラマーズ ガイド
    > 第 3 部 Office ソリューションのデータ処理
    > 第 14 章 Office ソリューションのデータ アクセス コンポーネントを使用する

マイクロソフトアクセス活用法

教材

メルマガ


Tags: :Microsoft Office, :Access, :Visual Basic


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-12 (木) 11:37:36 (27d)