マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Azure Subscriptionの管理で、そろそろ必要になったので。
  • Azure リソースを管理するための、ブラウザーでアクセスできるシェル。
  • Linux ユーザーは Bash を、Windows ユーザーは PowerShell を選ぶことができる。
    • 各ツールにBashPowerShell両方のエクスペリエンスのサポートがあるもよう。
    • Bashサポートが先でPowerShellは後発(プレビュー)だったりした。
      PowerShellはクラウド・クロスプラットフォームでの支持を得られるか??

詳細

Azure Cloud Shellを起動して、以下を選択すれば、直ちにシェルを開始できる。

シェル言語

Bash

  • 言語のサポート

PowerShell

  • 言語のサポート

セッション維持

概要

  • 初回起動時に、Microsoft Azure ファイル共有のアタッチについて案内される。
  • 以後すべてのセッションで、ストレージが自動的にアタッチされる。

使用ドライブ

  • アタッチしたストレージは以下ドライブとして参照できる。
    $home\clouddrive
  • ドライブ外のファイルやマシンの状態は、セッション間で保持されない。

Azureサブスクリプションの選択

Azureサブスクリプションを選択してもAPIとしては、
AzureサブスクリプションIDを要求するものもある。

PowerShell

ps1ファイルをアップロードして実行

アップロード

以下の手順で、「$home\clouddrive」にアップロードする。

  • リソース グループ = cloud-shell-storage-<region> に移動
  • ストレージ アカウント = cs<uniqueGuid> に移動し、
  • ファイル共有 = cs-<user>-<domain>-com-<uniqueGuid> に移動、
  • アップロード・ボタンを押下して、ps1ファイルをアップロード。

実行

  • Azure Cloud ShellをPowerShell に切り替え、
    以下でアップロードしたps1ファイルを確認できる。
    cd $Home\CloudDrive
    dir
  • 以下のように実行できる。
    .\XXXX.ps1 -parameterName1 parameterValue1 -parameterName2 parameterValue2

注意

  • ps1ファイルに日本語が含まれる場合、utf-8で保存。
  • アップロードの際は要注意。

参考

PowerShell

Azure PowerShell

Azure CLI

Microsoft Docs

クイック スタート

概念

操作方法


Tags: :シェル, :インフラストラクチャ, :Windows, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-16 (金) 11:13:47 (182d)