マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

イベント駆動のアプリケーションを処理するサービス

  • 非常駐型のプロセスをイベントによってトリガーして実行する。
  • イベント駆動の「機能」実行プラットフォーム
  • 柔軟で強力なスクリプト実行環境
  • HTTP APIのエンドポイントとして公開可能
  • 様々なプログラミング言語に対応
    C#, Node.js/Javascript, F#, Python,
    PHP, Batch, Bash, PowerShell
  • コールドスタートが非常に遅いと言う話は、
    ホスティング オプションで対応するのが一般的らしい。

詳細

メリット・デメリット

メリット

  • インフラを抽象化し設計者はビジネス、開発者はコードに注力
    • データやリソースの連携部分を抽象化
    • 任意の処理が実装・実行
    • 業務要件に応じた自動的にスケーリング
  • 料金的/時間的なコストの低さ
    • 利用開始のコストは低く
    • 簡単に体験できる

デメリット

強いて言えばロックインされること。

バインディングとトリガー

バインディング

トリガー

  • HTTP
    • サービスへ接続するもっとも簡単な方法
    • 簡単に作成でき、ワークフローを自動化
  • WebHooks?
    • 非同期処理の要求を受信するエンドポイント
    • ASP.NET のWebHooks? libraryを使えば、token検証機能を利用可能
  • タイマー
    Cronの表現方法で記述可能

FaaS config

Azure Function on Linux and Docker

Azure Function on Linux

  • OSはUbuntu
  • C#はmono?(今ならCoreや.NET5だろうか?

Azure Function on Docker

  • Azure function runtimeのDockerイメージを利用して、
  • 自分のDockerイメージをAzure Functionにデプロイできる。

参考

Qiita

microsoft.com

Microsoft Azure

  • Azure の更新情報

Microsoft Docs

Azure Function on Linux and Docker

Azure Function on Linux

Azure Function on Docker


Tags: :クラウド, :コンテナ, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-14 (水) 17:25:21 (19d)