マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

エッジデバイスにランタイムをコンテナ化&デプロイし、Azureのサービスを利用可能にする。

  • IoTデバイス上で「Microsoft Azure」の
  • サービス
  • 人工知能(AI)
  • カスタムロジック

を配備、実行できるようにするサービス。

  • これによりユーザーは
    • Azure Cognitive Services
    • Azure Machine Learning
    • Azure Stream Analytics
    • Azure Functions

をコンテナ化し、

  • さまざまなデバイス上で稼働させられるようになる。
    • Raspberry Pi
    • 産業機器

詳細

カスタムモジュール

開発環境

言語、SDK

CやC#、Node.js、Python、Javaに対応したSDKが利用可能

配備

3つのコンポーネントが必要になる。

Azure IoT Edge Runtime

Runtimeと言うより、Azure IoT HubのAgent

Azure IoT Hub

インスタンスが必要になる。

Azure IoT Edge Modules

ビジネス ロジックをモジュール形式でエッジに展開および管理する。

  • IoT Edge によって管理される計算の最小単位
  • Azure サービスまたは独自ソリューション固有のコードを含めることができる。

費用

概要

参考

Azure IoT Hub

Automatic Device Management

大量のデバイスをまたがった大規模配備が可能になる。

参考

スライド

Qiita

Microsoft Azure

Microsoft Docs

  • クイック スタート
    • Linux デバイスへのコードのデプロイ
    • Windows デバイスへのコードのデプロイ
  • チュートリアル
    • 1. 開発環境をセットアップする
    • 2. カスタム コード モジュールの開発
    • 3. Azure サービスをモジュールとしてデプロイする
  • 概念
    • IoT Edge ランタイム
    • IoT Edge のモジュール
  • , etc.

Azure IoT Hub


Tags: :クラウド, :Azure, :IoT


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-08 (水) 13:45:44 (71d)