マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

IoTデバイスとバックエンドの双方向の通信を仲介するサービス。

  • Azureでホストされているマネージド サービス
  • 双方向通信の中央メッセージ ハブとして機能
    • 管理するIoTデバイス
    • IoT アプリケーション
  • IoT ソリューション構築
  • 信頼性が高く、セキュリティで保護された通信を提供
  • IoTデバイス接続
    ほぼすべてのIoTデバイス、何百万ものIoTデバイス
  • ソリューション バックエンド
  • 複数のメッセージング パターンをサポート
    • ファイルのアップロード
    • IoTデバイスを制御の要求/応答メソッド
  • 監視
    イベントを追跡により、ソリューションの正常性維持に役立つ。
    • IoTデバイスの作成
    • IoTデバイスの障害
    • IoTデバイスの接続

詳細

スケール調整

毎秒数百万のイベントに対応するようにスケーリングします。

  • 数百万のIoTデバイスの同時接続
  • および IoT ワークロードをサポート

通信のセキュリティ保護

  • セキュリティ保護された通信チャネルを使用
  • IoTデバイスごとの認証(安全に接続・管理)
  • IoTデバイスのアクセス制御、接続制御
  • IoT Hub Device Provisioning Serviceで、
    IoTデバイスを自動的にプロビジョニング
  • 複数の認証の種類
    • SAS トークン ベースの認証。
    • X.509 証明書認証。
    • X.509 CA 認証。

メッセージ ルーティング機能

  • コードのないルーティング ルール
  • HubがIoTデバイスのテレメトリを送信する場所を制御
  • 複数のエンドポイントにメッセージをルーティング

Azure サービス統合

  • Azure Event Grid
    高信頼性 / スケーラブル / 安全な方法で重要なイベントに迅速に対応
  • Azure Stream Analytics
    IoTデバイスからのデータ ストリーミングに対してリアルタイムの分析計算を実行
  • Azure Machine Learning
    機械学習と AI モデルをソリューション
  • Azure Logic Apps
    ビジネス プロセスを自動化

IoTデバイスの構成と制御

  • IoTデバイス毎、またはIoTデバイス共通特性に基づいて、IoTデバイスの状態を設定。
  • IoTデバイスのデバイス メタデータと状態情報を保存、同期、照会します。
  • IoTデバイスで報告された状態の変化に自動的に対応します。

クォータと制限

DoS攻撃からの保護するため、サブスクリプションごとの IoT ハブの数を制限

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-subscription-service-limits

IoTデバイスの接続

IoT Hub と対話するアプリケーションを作成できる。

プラットフォーム

  • Linux
  • Windows
  • RTOS

プログラミング言語

  • C
  • C#
  • Java
  • Python
  • Node.js

通信プロトコル

  • HTTPS

参考

Qiita

Microsoft Azure

Microsoft Docs

Azure IoT Edge


Tags: :クラウド, :Azure, :IoT


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-09 (木) 15:15:33 (203d)