マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Azure Subscriptionの管理で、そろそろ必要になったので。
  • Azure Resource Manager (ARM)モデルを使う一連のコマンドレット

詳細

準備

Azure Cloud Shellなら準備は不要。

インストール

  • ver7をインストール
  • アップデート
    >Update-Module
  • アンインストール
    >Uninstall-Module Azure
    >Uninstall-Module AzureRM
  • Az
  • インストール
    >Install-Module -Name Az -AllowClobber
  • アップデート
    >Update-Module -Name Az
  • インポート
    >Import-Module -Name Az
  • AzAD
  • インストール
    >Install-Module -Name AzureAD
  • アップデート
    >Update-Module -Name AzureAD
  • インポート
    >Import-Module -Name AzureAD

ポリシー変更

  • 変更
    管理者権限が必要
    >Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
  • 確認
    >Get-ExecutionPolicy
    RemoteSigned

ログイン

  • ログイン
    >Connect-AzAccount
  • 別名が多数ある...
    >Login-AzAccount
    >Login-AzureRmAccount
    >Add-AzureRmAccount 
    >Connect-AzureRmAccount

Windows端末

SSH端末

OAuth 2.0 Device Authorization Grant(未検証なので多分)

サブスクリプション切替

一覧

>Get-AzSubscription
Name       Id                                   TenantId                             State
----       --                                   --------                             -----
xxxxxxxxxx xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX Disabled
yyyyyyyyyy yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX Enabled

選択

>Set-AzContext -SubscriptionId "yyyyyyyy-yyyy-yyyy-yyyy-yyyyyyyyyyyy"

プロキシ設定

参考

PowerShell

Azure Cloud Shell

Azure CLI

Microsoft Docs


Tags: :シェル, :インフラストラクチャ, :Windows, :Linux, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-13 (月) 16:36:31 (33d)