マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

クラスタを組んでたらエラーが出た。

詳細

  • プロバイダ毎(COMP、NW、Storage等)に、様々なクォータが存在する。
  • 各クォータは、サブスクリプションのリージョン毎に決まっているらしい。
    • 故に、リージョン毎に設定が必要で、サブスクリプション単位で指定できない。
    • わざわざ「リージョンの」と言うプレフィックスがあっても、どのクォータもリージョン毎。

VMのクォータ

vCPU数

リージョンの vCPU数

VM サイズのvCPU数

リージョンのVM サイズ毎のvCPU数

VM、VM ScaleSet?

リージョンの

の合計

ストレージのクォータ

...

ネットワークのクォータ

...

手順

確認方法

Azure CLI

  • ログイン、サブスクリプション選択後、
  • 以下のコマンドにロケーションを指定して実行
    az vm list-usage --location "Japan East" -o table

Azure PowerShell

  • ログイン、サブスクリプション選択後、
  • 以下のコマンドにロケーションを指定して実行
    Get-AzVMUsage -Location "Japan East"

ポータル

ポータルのサブスクリプションから変更可能

変更方法

ポータルのサブスクリプション使用量 + クォータから確認可能。

ヘルプとサポート

  • [サポート + トラブルシューティング]の[新しいサポート リクエスト]を選択
  • 若しくは、エラーメッセージ中のURLを使用する(必要な値がある程度、入力されるので簡単)

使用量 + クォータ

  • [場所]と[クォータ]を選択する。
  • [使用量]のリンクから新しい[制限の値]を入力する。
  • 結局、ヘルプとサポートに飛ばされることもある。

変更例

VMのクォータ

ストレージのクォータ

ネットワークのクォータ

参考

ASCII.jp

Microsoft Docs

Azure Resource Manager


Tags: :インフラストラクチャ, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-07 (木) 10:23:31 (17d)