マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 高可用性
  • バックアップ
  • 災害対策(DR)
  • セキュリティ
  • 移行容易性
  • 保守性

XaaS

クラウドサービス提供形態毎

PaaS

  • 利便性とカスタマイズの自由度トレードオフがある。
    • ユーザはアプリケション、データの管理に集中できる。
    • IaaSと比べる制限事項が多い。
      • OSへの リモートアクセス
      • カスタム MSI のインストール
      • スタートアップ タスクの定義と実行 など

ランタイムより上

仮想マシンのOS > ミドル > ランタイムの
ランタイムより上をユーザが責任をもって管理する。

ランタイムより下

仮想マシンのOS > ミドル > ランタイムの
ランタイムより下をクラウドベンダが責任をもって管理

IaaS

仮想マシンの OS より上

仮想マシンの OS より上をユーザが責任をもって管理する。

仮想化レイヤーより下

クラウドベンダが責任をもって管理

  • VM
    • Azure の仮想化ホスト基盤は、すべて冗長されいる。
    • 仮想マシンが稼働する化ホストで障害発生したとき、
      その Azure 仮想マシンは自動的に別の化ホストで再起する。
  • Azureのストレージ
    • 常に同時3つのディスクへデータが書き込まれる。
    • 最大で同時に2つのディスクが壊れても、データ損失なく稼働。
    • ジオ冗長で別のデータセンタに複製 = 3 * 2 = 6 重化。
  • 構成
    ただし、構成(コンフィグ)は必要になる。

構成

仮想化レイヤーより下の構成

#構成要素
1シングルVMサービスの復旧
(Service Healing)
2クラスタ構成可用性セット
・VM Scale Sets
・ロード・バランサ Basic
3マルチAZ構成
(Availability Zone)
可用性ゾーン
・ゾーン冗長 VM Scale Sets
・ロード・バランサ Standard
4マルチリージョン構成・ペアリージョン
・Traffic Manager

クラスタ構成

可用性セット

1つのラック障害で2台の仮想マシンが同時に停止することを回避できる。

  • 故に、仮想マシンを複数台構成にするとき、可用性セットを定義する。
  • 可用性セット自体にクラスタリング・負荷分散データ複製などの機能があるわけではない。

ロード・バランサ

仮想マシン間で着信トラフィックを分散

  • Premium Storageを使用するVMのSLA
    • 単一VMインスタンスは99.9% 以上(ダウンタイム45分/月)
    • 同じ可用性セットにデプロイした、
      2つ以上のVMインスタンスは99.95% 以上()
  • 内部向けと外部向けがある。
    • パブリック・ロード・バランサ
    • 内部ロード・バランサ

マルチリージョン構成

複数リージョンにまたがって構成することで地理的に冗長化

  • DNSベースの機能を利用したTraffic Managerでの切り替え。
  • Traffic Manager のルール設定である程度の負荷分散は可能。
  • 可用性セットと同様に、コレ自体に)データ複製機能があるわけではない。

Traffic Manager

トラフィック管理ポリシー

#項目説明
1レイテンシ「最も近い」サービスにルーティング
2ラウンドロビンすべてのサーバーに分散
3フェイルオーバープライマリ障害時にバックアップ」にルーティング
4ネスト柔軟な複数レベルのポリシー

ペアリージョン

Traffic Managerが決定する。

サーバ構成

サーバ種類

Webサーバー

ロード・バランサ

ドメイン・コントローラー

分散システムなのでソレ自身が冗長化機能を持っている。

SQL Server

, etc.

クラスタリング

共有ディスク型クラスタ

  • AzureのVMでは共有ディスク型クラスタを構成できない。
    記憶域スペースダイレクト(S2D:Storage Spaces Direct) で、
    共有ディスク型クラスタを構成可能だが難易度が高い。

レプリケーション型クラスタ

  • SQL Server のAlwaysOn
  • その他、3rdパーティ のソリュション。

構成変更(メンテナンス)

非計画メンテナンス

計画メンテナンス

  • 原則としてホストの更新は“保持メンテナ(Preserving Maintenance)”で随時実施される。
  • 一部 の更新み“再起動メンテナス(Restarting Maintenance)”で実施される。

メモリ保護更新(VMPHU)

  • Azureでは仮想化ゲストの再起動を伴わず仮想化ホストのメンテナナンスが可能。
    • 仮想化ゲスト(VM)が 30 秒未満フリーズ
    • その間に仮想化ホストのメンテナナンスされる。
    • その後に仮想化ゲスト(VM)の実行が再開される。
  • Hot Patchのみ適用可能。Hot Patchの範囲は拡大されている。
  • 高頻度のメンテナスが可能であるため、常に最新かつセキュアな状態を維持できる。

セルフサービス再デプロイ

スケジュールされたメンテナンス

その他

Azureの障害復旧

Azureの監視と管理

参考

高信頼性設計のポイント


Tags: :インフラストラクチャ, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-19 (木) 11:23:02 (307d)