マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Azure上に素早く環境を構築する系のトピックを列挙。

ギャラリー

  • Microsoft Azure に用意されたギャラリーからOSイメージを選択して作成できる。
    • 新規作成した仮想マシンには新しいNICが取付けられ、MACアドレス、TCP/IP設定は引継がれない。
    • このため、ネットワーク関連の設定は、新規仮想マシンの作成後に設定を行う。

既定のOSイメージ

既定のOSイメージには、WindowsやLinuxなどのOSが用意されている。

  • この既定のOSイメージをコピーして、新しい仮想マシンを作成することで、
    OSインストールの時間をかけずに、迅速に仮想マシンを作成できる。
  • ただし、用意されている既定のOSイメージは、すべて英語版。

利用時の動作

  • Azure仮想マシンを新規作成する際に、ギャラリーから既定のOSイメージを選択する。
  • 利用者のAzure環境(具体的には利用者のAzure StorageのBLOB)へコピーされる。
  • 仮想マシンのシステム ドライブに取り付けられ、仮想マシンが起動する。

問題点

  • 既定のOSイメージは、すべて英語版。
    • 日本語環境の手順やメッセージを確認するためには、日本語化する必要がある。
    • 日本語化の作業に1~2時間かかるため、必要な都度、日本語化していては効率が悪い。
  • 既定のOSイメージは、時々Windows Updateが当てられ更新される。
    • 例えば半年経過した頃に、同じOSイメージから仮想マシンを再度作成した場合、
      Windows Updateが当てられ更新されている可能性がある。
    • 更新モジュールを固定することができない。

マイ・イメージ

  • テンプレートになる自作のOSイメージを予めマイ・イメージとして登録
  • テンプレートから多数の仮想マシンを作成する場合に適している。

機能概要

  • 予め、OSイメージ化対象のVMをAzure IaaS上に構築しておく必要がある。
  • OSイメージを利用者のAzure環境(具体的には利用者のAzure StorageのBLOB)へコピー
  • Sysprep済のOSイメージを登録することもできるので、
    Sysprep対応のアプリケーションをインストールした状態での展開が可能。
  • ギャラリーの既定のOSイメージと異なり、Windows Updateが適用されない。

用途

後から再利用しそうなOSイメージについて、
あらかじめ日本語化し、マイ・イメージにキープしておくとよい。

ストレージ

マイ・ディスク

機能概要

  • ギャラリー上のOSイメージではなく既存VMのVHDを、新VMにアタッチする。
  • この、既存VMのVHDをを、「特殊化された VHD」と言う。
  • なお、NICなどのコンフィグはリセットされるので、そこはイメージと変わらない。

用途

  • 既存VMのVHDを(個人PC、業務PC、業務サーバ等)のバックアップ・リストアなど。
  • 若しくは、-既存VMをサブスクリプション間で移動する場合など。
  • スナップ・ショットを使用して、ベース・イメージとすることもできる。

手順

マイ・イメージ

ポータルでマイ・イメージを作成

サブスクリプション間でマイ・イメージを移動

マイ・ディスク

ポータルでスナップショットして別VMを作成

  • 管理ディスクをコピーする
    管理ディスクからスナップショットを作成し、
    そのスナップショットから管理ディスクを作成。
  • 管理ディスクを選択し上のメニューから [スナップショットの作成] を選択。
    • [名前] を入力、[リソース グループ] を選択。
    • [スナップショットの種類] で [フル] を選択。
    • [アカウントの種類] で [Standard (HDD)] を選択。
    • [作成] を選択してスナップショットを作成。
  • [リソースの作成] か、[すべてのリソース] から [追加] を選択し、
    検索窓に「Managed Disks」と入力し、表示された管理ディスクの [作成] を押下
    • [名前] を入力、[リソース グループ] を選択。
    • [ソースの種類] で、 [スナップショット] を選択。
    • それ以外は、コピー元の管理ディスクに合わせる。
    • [作成] を選択して管理ディスクを作成。
  • 管理ディスクからの VM 作成
    管理ディスクが作成されたら、ポータルを使用して VM を作成できる。
  • 使用する管理ディスクを選択し[概要] ページで、
    [DISK STATE] (ディスクの状態) が [未接続] であることを確認。
  • ページの一番上にあるメニューで、 [VM の作成] を選択。
  • VM サイズ等を選択して、[確認および作成] を選択。
    その他は既定値の状態(管理ディスクは作成済みのため)
  • VM 構成が検証に合格したら、 [作成] を選択してデプロイを開始。
  • 作成したVMの起動と実行の確認
    作成したVMが、起動し、RDPなどで接続できることを確認する。

サブスクリプション間を移動して復元

  • SASを取得。
    • SASとは、Shared Access Signatureの略らしい。
    • --subscriptionの指定が必要になることがある。
      名称が重複しているなどの場合、サブスクリプションを識別できない模様
      az disk grant-access --duration-in-seconds 3600 --name <ディスク名> --resource-group <リソースグループ名>
      {
        "accessSas": "accessSas の URL"
      }
  • サブスクリプション間コピー
    • コピー先ストレージ アカウント、コンテナーは予め作成しておく。
    • なお、パブリック・ネットワークからのアクセスを許可しておく必要がある。
    • 同様に、--subscriptionの指定が必要になることがある。
      az storage blob copy start --account-name <コピー先ストレージ アカウント名> --account-key <コピー先ストレージのアクセス キー> --destination-container <コピー先のコンテナー名> --destination-blob <コピー後の VHD 名>.vhd --source-uri "生成した accessSas の URL"
  • コピー状況の確認
    • 何気に、結構長い時間がかかる(リージョンを跨ぐ等)。
    • ステータス取得には、PowerShellが必要なので、
      Azure Cloud Shell辺りを使用して以下のように行う。
      $storageContext = New-AzureStorageContext -StorageAccountName 'aaaa' -StorageAccountKey 'bbbb'
      Get-AzureStorageBlobCopyState -Context $storageContext -Container "xxxx" -Blob "yyyy"
    • ...と思ったら、コピー先のポータルから操作すれば確認できるもよう。
      進捗は確認できないが、最終更新日付、コピー状態、完了時間で完了しているかどうか解る。

※ Status : Pending のまま、BytesCopied?TotalBytes? まで増えていく。

  • VHD より管理ディスクを作成
  • VHD のフル URLは、SASではないので注意。
  • 作成元の管理ディスク似合わせて以下を設定
    • --hyper-v-generation "V1 or V2"
    • --sku "Premium_LRS or StandardSSD_LRS or Standard_LRS or UltraSSD_LRS"
  • 私の場合、--subscription と --location の指定が必要だった。
    • location 指定する値は、az account list-locationsで出力。
    • ただし、DocsなどのHPの方が見易い。--output tableを付けるとマシになる。
      az disk create --resource-group <リソース グループ名> --name <作成する管理ディスク名> --source <VHD のフル URL> --sku "Premium_LRS or StandardSSD_LRS or Standard_LRS or UltraSSD_LRS" --hyper-v-generation "V1 or V2"
  • 管理ディスクより VM を作成
    • ポータルから実行しようとしたら、
      VM作成ボタンが非活性だったためCLIで実行。
    • ここでも、念の為、--subscription と --location を指定。
    • VMのサイズは、--size に指定するが、
      • 指定する値は、az vm list-sizesで出力。
      • ただし、DocsなどのHPの方が見易い。--output tableを付けるとマシになる。
      • また、サイズによっては、Premium_LRSをサポートしていないことがある。
        az vm create --name <VM 名> --resource-group <リソース グループ名> --attach-os-disk <管理ディスク名> --size "VM のサイズ" --os-type "Windows or Linux"
  • 起動しない場合は、ブート診断
  • 私の場合、ココまでやって、始めOSが起動せず(以下の切り分けでクリアした)。
  • ポータルからスナップショットをソースにして、作成した管理ディスクに、
    az vm create」コマンドを実行した場合は上手く動作した。
  • ポータルからBLOBをソースにして、、作成した管理ディスクに、
    az vm create」コマンドを実行した所、同様に上手く動作した。

    ...ポータルには、「Gen2」と指定する部位があったため、
    CLIの「az disk create」でも「Gen2」を指定する必要があるものと思われる。

参考

Azureの評価環境を入手する

クラウド・インフラ自動化

Microsoft Docs

マイ・イメージ

マイ・ディスク

  • 管理ディスク → VHD → 管理ディスク

バックアップ・リストア

リソースの移動


Tags: :インフラストラクチャ, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-10 (日) 14:33:33 (64d)