マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Azure上に素早く環境を構築する系のトピックを列挙。

ギャラリー

Microsoft Azure に用意されたギャラリーからOSイメージを選択して作成できる。

既定のOSイメージ

既定のOSイメージには、WindowsやLinuxなどのOSが用意されています。

  • この既定のOSイメージをコピーして、新しい仮想マシンを作成することで、
    OSインストールの時間をかけずに、迅速に仮想マシンを作成できます。
  • ただし、用意されている既定のOSイメージは、すべて英語版です。

既定のOSイメージを利用するとどうなる?

  • Azure仮想マシンを新規作成する際に、ギャラリーから既定のOSイメージを選択する。
  • 利用者のAzure環境(具体的には利用者のAzure StorageのBLOB)へコピーされる。
  • 仮想マシンのシステム ドライブに取り付けられ、仮想マシンが起動する。

問題点

  • 既定のOSイメージは、すべて英語版。
    • 日本語環境の手順やメッセージを確認するためには、日本語化する必要がある。
    • 日本語化の作業に1~2時間かかるため、必要な都度、日本語化していては効率が悪い。
  • 既定のOSイメージは、時々Windows Updateが当てられ更新される。
    • 例えば半年経過した頃に、同じOSイメージから仮想マシンを再度作成した場合、
      Windows Updateが当てられ更新されている可能性がある。
    • 更新モジュールを固定することができない。

マイイメージ・マイディスク

マイイメージ・マイディスクに自作のOSイメージを登録しておくと、Azureの仮想マシンのギャラリーから選択できる。

  • 新規作成した仮想マシンには新しいNICが取付けられ、MACアドレス、TCP/IP設定は引継がれない。
  • このため、ネットワーク関連の設定は、新規仮想マシンの作成後に設定を行う。

マイイメージ

テンプレートになる自作のOSイメージを予めマイイメージとして登録しておき、
テンプレートから多数の仮想マシンを作成する場合に適している。

機能概要

  • 予め、OSイメージ化対象のVMをAzure IaaS上に構築しておく必要がある。
  • OSイメージを利用者のAzure環境(具体的には利用者のAzure StorageのBLOB)へコピー
  • Sysprep済のOSイメージを登録することもできるので、
    Sysprep対応のアプリケーションをインストールした状態での展開が可能。
  • ギャラリーの既定のOSイメージと異なり、Windows Updateが適用されない。

用途

後から再利用しそうなOSイメージについて、あらかじめ日本語化し、マイイメージにキープしておくとよい。

マイディスク

...


Tags: :インフラストラクチャ, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-08 (水) 11:12:31 (71d)