マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

C/S型のライセンス・モデルには、

  • サーバ側のライセンス
  • クライアント側のライセンス

がある。

CAL は

「Client Access License (クライアント アクセス ライセンス)」

のことで、

クライアント側のライセンスである。

CALの意味

サーバ利用者数で課金することで、
大人数と少人数のユーザに不公平が生まれないようにとのこと。

CALの種類

運用するサーバーの台数によって

  • 接続デバイス & ユーザー数モード
  • 同時使用ユーザー モード

を選択できる。

接続デバイス & ユーザー数モード

デバイスCAL

  • "デバイス" 単位で CAL を取得
  • 1台のマシンから複数ユーザでCALを利用可能。
  • 「PC ユーザー数 > PC 台数」の場合に得。

ユーザーCAL

  • "ユーザ" 単位で CAL を取得
  • 1人のユーザで複数マシンのCALを利用可能。
  • 「PC 台数 > PC ユーザー数」の場合に得。

同時使用ユーザ・モード

1 台のサーバーに対し、接続するデバイスやユーザーの
“最大数”分の CAL を“サーバーに登録”するモード。

以下のケースであればハマる。

  • サーバーが 1 台のみ
  • サーバーの利用頻度が少ない
  • サーバーを利用するユーザーや PC が限定
  • 他のネットワークに接続していない

RDS (TS) CAL

RDS (TS)のサーバをを使用する各クライアントに対して発行するCAL。

接続デバイス & ユーザー数モードがある。

  • デバイス CAL
    • RDセッション ホスト」に接続するクライアントPC(デバイス)毎に必要になるTS CAL。
    • このTS CALは、クライアントPCから「RDセッション ホスト」に初めて接続する時に、
      一時的なラインセンスが発行され、二回目に接続するときに恒久的なTS CALが発行される。
    • すべてのTS CALが発行された後に新しいクライアントPCからの接続があった場合は、
      TS CALが発行されないため、「ターミナル サーバ」には接続できなくなる。
  • ユーザー CAL
    • RDセッション ホスト」に接続するユーザ(アカウント)毎に必要になるTS CAL。
    • こちらは、接続ユーザ数を超えた場合もアクセス可能であるが、これは、
      ライセンス違反になるため、必ず適切な数のTS CALを購入する必要がある。

デバイス CALには、二種類が存在する。

  • 初回接続時に発行される一時 CAL
  • 二回目の接続時に発行される恒久 CAL

RDライセンス サーバーを使用して管理する。

CAL不要なケース(外部ユーザ)

匿名ユーザ

  • ホームページなど、外部ユーザが匿名ユーザの場合。
  • ウェブ サーバーに不特定多数がインターネット経由でアクセスし、
    かつアクセス時に認証を必要としない場合は、CALは不要になる。

認証ユーザ

社内システムなど、外部ユーザが認証ユーザの場合、
主に経済的な要因から下記を選択して使用する。

  • 外部ユーザー用のCAL
    それぞれの外部ユーザーについて CAL を取得
  • 若しくは、エスクターナル・コネクト(EC)ライセンス
    外部ユーザーがアクセスする各サーバーについて
    エクスターナル コネクタ (EC) ライセンスを取得する。

ECライセンス

エクスターナル コネクタ (EC) ライセンス

  • ビジネス パートナーや顧客が、社内ネットワークにアクセスする際に使用する。
  • 実行しているソフトウェア インスタンスの数を問わず、
    外部ユーザーがアクセスする物理サーバーごとに 1 ライセンスのみ必要。
  • EC を取得することで、CAL と同様にアクセスが許可される。

参考


Tags: :Windows, :ライセンス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-10 (木) 21:53:19 (685d)