マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

グラフは

  • ユーザが使用可能なデータを理解しやすくする。
    • ビューのレコードセットからパターン、傾向、異常値などを視覚的に確認できる。
  • 表示されるデータは、
    • ビューのフィルター
      • 定義されたフィルター
      • ユーザにより適用されるフィルター
    • により返されるレコードのコレクション(レコードセット)に対し集計処理を行ったもの。

エンティティ

  • 単一のエンティティのレコードのデータのみを含めることができる。
  • システム エンティティには使用可能な複数のグラフが用意されている。
  • カスタム エンティティの場合、必要なグラフを自作する必要がある。

利用

  • ビューとともにグラフウィンドウに表示
  • 1つのレコード フォームに埋め込む
  • ダッシュ ボード上のコンポーネントとして埋め込む。

カスタマイズ

  • すべてのユーザがシステム グラフを設計できる。
  • 個人用ブラフを作成し、他のユーザと共有できる。

エンティティ

系列を要約する

  • グラフには少なくとも、1つの系列と1つのカテゴリが必要。
    カテゴリを使用して系列を様々なデータ要素に分割して比較する。
  • 系列
    • グラフに表示されるデータ
    • 系列(要約するフィールド)の選択
    • 系列を要約する方法(COUNT、SUM的)
  • カテゴリ
    • グループ化(カテゴライズ)に使用するフィールド(GROUP BY的)
    • 系列をグループ(カテゴリ)毎に指定の方法で要約する。
  • 制限
    • 最大5つの系列を、1つのフィールドでカテゴライズして表示可能
    • 1つの系列を、1or2のフィールドでカテゴライズして表示可能。
    • 複数の系列を複数のフィールドでカテゴライズして表示できない。

ツール

UI(グラフ デザイナ ツール)を使用すると、以下が構成できない。

  • ビュー
  • レコード
  • 表示色

グラフのスコープ

  • システム グラフと個人用ブラフがある。
  • システム ビューと同じく”システム”には
    システムの全ユーザのスコープで使用可能の意味がある。
  • ユーザが特定のグラフ要件を持っている場合、
    システム グラフを作成するのではなく、
    個人用グラフを作成し適切なユーザと共有する。

システム グラフ

  • 概要
    • ソリューション コンポーネントに含まれる。
    • システム カスタマイザー・管理者など、
      セキュリティ特権を持ったユーザによって作成・管理される。
      • システム管理者
      • システムカスタマイザー
      • 最高経営責任者
      • 営業担当副社長
      • マーケティング担当副社長
      • 顧客サービス課長
      • 営業課長
      • マーケティング課長
  • システムのすべてのユーザが使用できる。
  • インストール後、変更・追加・削除が可能。
  • エンティティとともにエクスポート可能。
  • 手順(作成・変更・コピー)
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[グラフ]をクリックする。
  • オプション
    • 作成:メニューバーで[新規]をクリック。
    • 変更:一覧でグラフをダブルクリック
    • 変更元コピーの作成:一覧でグラフをダブルクリックし[ファイル名を付けて保存]
  • グラフを構成する(後述)。
  • [保存して閉じる]をクリックする。

個人用ブラフ

  • 概要
    • ソリューション コンポーネントに含まれない。
    • ユーザによって作成される。
    • それらを活用できる同僚と共有できる。
    • 機能的にはシステム グラフと同じ(スコープが異なる)。
    • XMLによってエクスポート・インポートできる。
  • 手順(作成・変更・コピー)
    • グラフを作成するエンティティに移動する。
    • グラフ ウィンドウが展開されていない場合、
      [グラフ]バーをクリックしてグラフ ウィンドウを表示する。
  • オプション
    • 作成:[新しいグラフ](または[+]記号)をクリック。
    • 変更:個人用グラフの一覧からグラフを選択し[グラフの編集]をクリック。
  • コピー(システム グラフ):
    システム グラフの一覧からグラフを選択し
    [ファイル名を付けて保存]をクリック。
  • コピー(個人用グラフ):
    個人用グラフの一覧からグラフを選択し
    [その他のコマンド] ---> [ファイル名を付けて保存]をクリック。

グラフ フォーム

グラフ名

系列、カテゴリを選択するとシステムによりグラフ名が生成される。

グラフの種類

縦棒グラフ

  • 積み上げ縦棒
    • 1つの系列値は1つの縦棒に互いに積み上げられる。
    • 各カテゴリ毎の系列値の内訳を比較する。
  • 100%積み上げ縦棒
    • 縦棒はグラフ上部まで拡張される。
    • 各カテゴリ毎の系列値の割合を比較する。

横棒グラフ

縦棒グラフを横に表示したもの。

Area(領域)グラフ

折線グラフ

円グラフ

系列・カテゴリが1つしかサポートされない。

漏斗グラフ

系列・カテゴリが1つしかサポートされない。

複数系列グラフ

比較グラフ(積み上げグラフ)

面グラフ

グラフのプレビューで使用するビュー

  • 新しいグラフ フォームの最初のオプション
  • 一覧から、
    • 共有ビューを選択する必要がある。
    • システム ビューや個人用ビューを使用することは出来ない。
  • 選択したビューは、
    • プレビューに使用され、選択の効果をビジュアル化できる。
    • グラフ定義としては保存されず、グラフの作成時に、
      グラフをプレビューするために使用される。
  • システムカスタマイザーは、レコードを所有できないので、
    自分のレコードをフィルタ処理しない(内容が表示されないプレビュー)。
  • ビューの並び替えはグラフのプレビュー・レイアウトに影響を与えない。

プレビュー ビューからの系列、カテゴリフィールドの使用

エンティティの列のドロップダウン リストから、
系列、カテゴリとして使用するフィールドを選択する。

親エンティティの値をグラフ カテゴリとして使用

  • ビューに親エンティティの値を追加
    (関連付けマッピング、ワークフローの代替)
  • グラフを作成し、新しいビューを、
    [グラフのプレビューで使用するビュー]で使用する。
  • 系列に、エンティティのフィールドを使用する。
  • カテゴリに、親エンティティのフィールドを使用する。
  • グラフを保存して閉じる。
  • ビューは他の用途がなければ削除する。
  • 変更を公開する。

系列(+要約)とカテゴリの構成

系列

グラフ フォームの[汎用エントリ(系列)]セクションで

  • [フィールドの選択]をクリックし、使用するフィールドを選択する。
  • [集計]をクリックして、フィールドのデータを要約する方法を選択する。
  • 次の系列&要約を追加する場合、[系列を追加します]をクリックし手順を繰り返す。
    • [系列を追加します]が表示されない。
      • 5つの系列&要約を追加した場合。
        (最大5つまでの系列を追加できる)
      • 円グラフや漏斗グラフを選択した場合。
        (円グラフや漏斗グラフは1つの系列しかサポートされない)
  • 系列を削除する場合は、
    • 系列エントリの右側の[×](系列の削除)をクリックする。
    • 系列が1つしかない場合は、その系列を削除できない。

要約

  • フィールドの種類毎に使用可能な要約(集計の方法)
    /メソッド説明サポートされているフィールド種類
    1Avg平均値数値
    2Count:Aレコード数すべての種類
    3Count:non-empty選択列に値のあるレコード数すべての種類
    4max最大値数値
    5min最小値数値
    6sum合計値数値
  • レコードセットのレコード数をカウントする場合は、
    • 主キー列をカウントする。
    • 作成者・作成日などの値が必ずある列でも機能するが、
      システムカスタマイザーに目的が伝わらなくなる可能性がある。

カテゴリ

グラフ フォームの[横(カテゴリ軸)のラベル]セクションをクリックして

  • [フィールドの選択]をクリックし、使用するフィールドを選択する。
  • 次のカテゴリを追加する場合、[カテゴリを追加します]をクリックし手順を繰り返す。
  • [カテゴリを追加します]が表示されない。
    • 2つのカテゴリを追加した場合。
      (最大2つまでのカテゴリを追加できる)
    • 円グラフや漏斗グラフを選択した場合。
      (円グラフや漏斗グラフは1つのカテゴリしかサポートされない)
  • カテゴリを削除する場合は、
    • カテゴリ エントリの右側の[×](カテゴリの削除)をクリックする。
    • カテゴリが1つしかない場合は、そのカテゴリを削除できない。

設計・利用

カテゴリ

日付カテゴリ

日付フィールドによるカテゴライズ

日付フィールドをカテゴリに使用する場合、
以下のオプション セットを選択できる。

  • オプション セット
  • 四半期
  • 会計期間
  • 会計年度
  • セカンダリ カテゴリ
    • プライマリ カテゴリが日付・時刻フィールドの場合、
    • セカンダリ カテゴリに同じフィールドを使用できる。
      ただし、プライマリ カテゴリのオプション セットより小さい日付グループを選択する必要がある。
  • 週カテゴリは米国規則に従っている。
    週番号と年で表示される(20XX年の第X週のように)。
    異なる規則により混乱が発生する場合は、週カテゴリを使用しない。
  • 米国規則
    • 日曜日が各週の最初の日
    • 1/1は常に最初の週の最初の日
    • 1週は常に7日間
    • 年の最後の週は1日しかなくても常に第53週。
  • 米国以外で多く使用されるISO8601規則
    • 月曜日が各週の最初の日
    • 1/4は常に最初の週の最初の日
    • 1週は常に7日間
    • 年の最後の第52-53週で、1-7日が含まれる。
    • 1/1-1/3は前年の第52-53週に含まれる可能性がある。
    • 12/29-31は翌年の第1週に含まれる可能性がある。
  • 折れ線グラフを使用しない。
    データが無い場合、その日付カテゴリ表示されないため。
    • 折れ線グラフはデータの繋がりを表すため、誤解が生じる。
    • 折れ線の角度は変化率を表すため、誤解が生じる。

効果的ドリルダウン

  • グラフのカテゴリをクリックすると、
    ビュー側にフィルターが追加されフィルターされる。
  • この状態で”エンティティ上”の他のフィールドをカテゴリに設定できる。
  • セカンダリ カテゴリを追加してある場合、
    • プライマリ カテゴリがフィルターされているため、
    • セカンダリ カテゴリでのみグループ化され要約・表示される。
  • 2つのカテゴリは便利だが、重要な条件でのドリルダウンを開始させるため、
    プライマリ カテゴリのみのバージョンのグラフの作成も検討する。

フィルターと並べ替え

注:ビューではなくグラフでの。

フィルター

  • カテゴリの件数をフィルタする。
  • フィルターには、以下のルールがある。
    • 上位Xルール
    • 下位Xルール
  • X(カテゴリ数)
    • 3 or 5件(のカテゴリ)のオプションがある。
    • 任意(最大100カテゴリ)の値を設定可能
  • 系列
    • 1つの系列にのみ適用される。
    • 既定で、最初の系列に適用される。
  • データの並べ替えも行われる。
    • 上位Xルール:降順
    • 下位Xルール:昇順

並べ替え

  • ビューの並び替えではなく、カテゴリに従って並べ替えられる。
    /データ型並べ替え順序
    1テキストアルファベット順
    2数値昇順
    3日付日付順
    4オプション セットラベルではなくオプション値の昇順
    5検索フィールドのGUID関連エンティティの名前・件名などのプライマリ フィールド(ラベル)ではなくGUIDの昇順
    6主キー フィールドのGUIDグラフ エンティティの名前・件名などのプライマリ フィールド(ラベル)ではなくGUIDの昇順
  • 検索フィールドのGUID:
    ランダムな並びに視えるため、サブカテゴリに関連エンティティの列を使用する
    (そのためには、ビューにサブカテゴリ列として関連エンティティの列を追加する)。
  • 主キー フィールドのGUID:
    グラフ エンティティの主キー(GUID)フィールドをカテゴリに使用するケース(?)。
  • その他、上位Xルールと下位Xルールの並び替えを使用する。

エクスポート・インポート

用途

機能

グラフ設計ツールではすべての機能を使用できない。
すべての機能を使用する場合、エクスポートしたXMLを直接編集する。

コピー

  • バックアップ・リカバリ
  • 別バージョンの作成

移動

  • 個人用グラフ <---> システム グラフ(ソリューションに含まれる)の変換
  • ソリューションを使用しないである組織から別の組織にグラフをコピーする。
    (同じ組織内では、[ファイル名を付けて保存]でコピーできる)

XMLのコンテンツ

  • 組織内で一意なGUID
  • 名前と説明
  • エンティティ
  • 系列・カテゴリに使用するフィールド
  • フィルターと並べ替え
  • グラフ種類
  • 各系列の関連プロパティ(色)
  • レイアウト(軸の凡例)
  • XMLにCRMバージョン情報は含まれない。
    従って、異なるCRMバージョンをインポート可能

エクスポート手順

システム グラフ

  • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
  • エンティティを展開し、[グラフ]をクリックする。
  • エクスポートするグラフを選択し、
  • [その他の操作] ---> [グラフのエクスポート]をクリック。
  • ブラウザでダウンロードされたXMLファイルを保存する。

個人用グラフ

  • グラフを作成するエンティティに移動する。
  • グラフ ウィンドウが展開されていない場合、
    [グラフ]バーをクリックしてグラフ ウィンドウを表示する。
  • 個人用グラフの一覧からエクスポートするグラフを選択し、
  • [その他の操作] ---> [グラフのエクスポート]をクリック。
  • ブラウザでダウンロードされたXMLファイルを保存する。

インポート

インポート時にチェック処理が実行される。
構文に問題がある場合、エラーメッセージが表示される。

システム グラフ

  • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
  • エンティティを展開し、[グラフ]をクリックする。
  • エクスポートするグラフを選択し、
  • [その他の操作] ---> [グラフのインポート]をクリック。
  • インポート ウィザードでXMLを参照してインポート、ウィザードが完了するまで待つ。

個人用グラフ

  • グラフを作成するエンティティに移動する。
  • グラフ ウィンドウが展開されていない場合、
    [グラフ]バーをクリックしてグラフ ウィンドウを表示する。
  • [その他の操作] ---> [グラフのインポート]をクリック。
  • インポート ウィザードでXMLを参照してインポート、ウィザードが完了するまで待つ。

GUIDの重複検出

GUIDが重複検出された場合、ダイアログが表示され、いずれかの選択が必要になる。

  • [置換]:既存のグラフを上書きする。
    • 個人用グラフの場合、システム管理者であっても上書きできない。
  • [両方とも維持]:XMLの値を既定値に新しいグラフを作成。
    • GUID採番
    • 名称の変更(グラフの種類が同じ場合)
  • [キャンセル]:インポートの中止

XMLの変更

実際にサポートされていない機能は、グラフの外観の制御らしい。
(VSのデザイナだけでなく、XAMLの直接記述する必要があるみたいな話)

変更点

  • データ要素に使用される色を変更する。
  • データ要素に値が表示されないように変更する。
  • 軸ラベルの目盛に単位を指定する。
  • データ要素の数値表示形式を変更する。端数処理(はすうしょり)または丸め(まるめ)。
  • 色・ラベルにより凡例が不要な場合、凡例を削除し、グラフ スペースを広くする。
  • グラフ名から明らかな場合、カテゴリの軸ラベルを削除する。

不要なコンポーネントを削除して外観を簡素化するとグラフ スペースを広く解り易くなる。
(特に、ダッシュボード等の限られたスペースでグラフを使用する場合)

開発/テスト・インポート/公開

  • 個人用グラフ
    個人用グラフを使用すると個人用グラフで開発/テスト後、
    システム グラフとしてインポート/公開できる。
  • システム グラフ
    システム グラフでは置換でインポートする(公開されない)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:51:05 (965d)