マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ダッシュボードは

  • ユーザが使用可能なデータを理解しやすくする。
  • ユーザの業務に関連する重要な情報が1つの画面に表示される。
  • 様々な役割・責任を持つユーザに、異なるダッシュ ボードを作成する必要がある。
  • 一覧とグラフが一般的だが、複数の異なるコンポーネントを追加できる。
    • プロセス状態
    • 活動量
    • 注意が必要なアイテム
  • 表示されるデータは、
  • ビューのフィルター
    • 定義されたフィルター
    • ユーザにより適用されるフィルター
  • により返されるレコードのコレクション(レコードセット)を使用する。
    • レコードセットの一覧
    • レコードセットに対して集計処理を行ったグラフ

シナリオの例

  • ダッシュボード上のグラフを参照して異常値を確認。
  • グラフをドリルダウンして、異常値の原因を特定。
    (e.g. : サポート案件の急増は新製品のリリースに関連していた等)

コンポーネント

グラフ

リスト

リストはビューの(別?)バージョン

  • ビューと同じ定義(列、選択、並べ替え)が使用される。
  • 以下のビューにはない機能を使用可能。
    • リスト上部の+記号でレコードを追加
    • レコードにポイントしてレコードの削除
    • ともに、ユーザレベル以上の作成/削除アクセス許可が必要
  • 以下は不可能
    • 複数レコードを選択
    • フィルタを適用
    • 横にグラフを表示

IFRAME

URLターゲットを表示するコンテナ

  • 外部Webページ
  • 内部Webページ
  • SSRSレポート

Webリソース

  • HTML(静的コンテンツ)
  • Silverlight(*.xap)
  • ,etc.

ダッシュボードの種類

システム ダッシュボードと個人用ダッシュボードがあり、主機能は同じだが幾つかの違いがある。

システム ダッシュボード

  • どのユーザでも使用可能。
  • どのユーザも使用できるコンポーネントのみ追加できる。
    • 個人用ビューや個人用グラフは追加できない。
  • ソリューション
    • ソリューションに含まれる。
    • 別の組織に展開可能。
    • ダッシュボードで使用されるコンポーネントが別の組織に展開可能されている必要がある。
  • セキュリティ ロール
    • ダッシュボードにセキュリティ ロールの割当が可能。
    • これは保護の目的ではなくユーザに役立つものが表示されるよう選択をフィルタするため。

個人用ダッシュボード

  • 作成した個人ユーザと、共有されたユーザが使用可能。
  • システム・個人用のビュー・グラフを追加できる。
  • ソリューション
    • ソリューションに含まれない。
    • 直接のインポート・エクスポートも不可能。
  • セキュリティ ロール
    既定のセキュリティ ロールにより
    個人用ダッシュボードの作成・変更・削除・割当・共有が可能になる。

作成と変更

新規作成

  • 名前と説明の入力
    • 空のテンプレートから作成した場合、説明は保存してから入力する。
    • 既存のダッシュボードを[ファイル名を付けて保存]で名前・説明を入力してコピー。
  • レイアウト
    • 空のテンプレートから作成した場合、レイアウトを選択する。
  • フォームと異なり、一覧での順序の制御はできない(アルファベット順)。

説明

説明が間違っているダッシュボード

  • (上記の場合、)削除する。
  • システム ダッシュボードのGUIDを変更しないで説明を修正する場合
    • ソリューションをアンマネージドとしてエクスポート
    • ZIP中のcustomizations.xmlを直接修正する。
    • ZIPに戻してソリューションをインポートする。

システム ダッシュボード

  • [設定] ---> [ソリューション] ---> [ダッシュボード]
  • [既存の追加] ---> コピー元のシステム ダッシュボードを選択
  • 一覧に表示されたシステム ダッシュボードから?ダブルクリックしてソリューションに追加
  • ソリューションのダッシュボード一覧でコピー元のシステム ダッシュボードを選択
  • [ファイル名を付けて保存]でコピー(説明の追加が可能)
  • [ダッシュボードのプロパティ]ダイアログ ボックスで名前・説明を入力し[上書き保存]をクリック。
  • 続けてコピーを作成しない場合は、追加したシステム ダッシュボードを選択して[削除]をクリック。
  • コピーしたダッシュボードを編集する。

個人用ダッシュボード

  • [Microsoft Dynamics CRM] ---> [モジュール(任意)] ---> [ダッシュボード]
  • ダッシュボードのドロップ ダウン リストからコピー元のダッシュボードを選択
  • コマンド バーから[ファイル名を付けて保存]でコピー(説明の追加が可能)
  • [ダッシュボードのプロパティ]ダイアログ ボックスで名前・説明を入力し[上書き保存]をクリック。
  • コマンド バーの[編集]をクリックし、ダッシュボードを編集する。

コンポーネントの追加・変更・削除

  • 最大6個のコンポーネントを追加できる。
  • この既定値はOnlineでは変更不可能だが、設置型であればPowerShellで変更可能。

リスト

  • 追加
    • 個人用ダッシュボードに移動しコマンド バーで[編集]をクリック
    • 若しくは、[設定] ---> [ソリューション] ---> [ダッシュボード]で、システム ダッシュボードをダブルクリック
    • コマンド バーで[リスト]をクリックする。
    • [コンポーネントの追加]ダイアログ ボックスで[レコードの種類]を選択。
    • 使用可能なビューから[ビュー]を選択し、[追加]をクリック。
  • 変更
    • 個人用ダッシュボードに移動しコマンド バーで[編集]をクリック
    • 若しくは、[設定] ---> [ソリューション] ---> [ダッシュボード]で、システム ダッシュボードをダブルクリック
    • コンポーネントをダブルクリックするか、選択して[コンポーネントの編集]をクリック
    • [プロパティの設定]ダイアログ ボックスで設定を変更する。
  • 削除
  • リストが複数含まれるダッシュボードにデータが表示されないシナリオ
  • マルチ エンティティ検索として機能するレコードを返さないビューが
    使用されている場合、[検索ボックスを表示する]オプションを選択する。
  • 非準拠レコード、異常なレコード、期限切れレコードが表示されるダッシュボード
  • ワークフローなどの代わりに特定の操作が必要なアイテムが表示されるダッシュボード

グラフ

  • 追加
    • 個人用ダッシュボードに移動しコマンド バーで[編集]をクリック
    • 若しくは、[設定] ---> [ソリューション] ---> [ダッシュボード]で、システム ダッシュボードをダブルクリック
    • コマンド バーで[グラフ]をクリックする。
    • [コンポーネントの追加]ダイアログ ボックスで[レコードの種類]を選択。
    • 使用可能なビューから[ビュー]--->[グラフ]を選択し、[追加]をクリック。
  • 変更
    • 個人用ダッシュボードに移動しコマンド バーで[編集]をクリック
    • 若しくは、[設定] ---> [ソリューション] ---> [ダッシュボード]で、システム ダッシュボードをダブルクリック
    • コンポーネントをダブルクリックするか、選択して[コンポーネントの編集]をクリック
    • [プロパティの設定]ダイアログ ボックスで設定を変更する。
  • 削除
  • 日付フィルター
    • ダッシュボードのグラフの場合、慎重な検討が必要。
    • 固定値、それより前、それより後ではなく、
      現在から過去X、現在から将来Xの相対日付フィルタを活用する。
/パターンフィルター適用方法
1過去

今後
昨日
先週
今月
翌会計年度
カレンダーの単位、会計期間、会計年度
2過去X
今後X
(日付と時刻の間隔)
過去X時間、過去X週間、今後X年間厳密な数学的比較
例えば過去Xヶ月にXヶ月目のすべてのレコードが含まれる。
3過去X期の会計期間または会計年度
今後X年の会計期間または会計年度
過去X期の会計期間
今後X年の会計年度
#2と異なり、期間に含まれるすべてのレコードが含まれる。
過去や今後に現在の期間は含まれないので、必要に応じてORで結合する。
  • 会計期間テンプレートの設定
    • 項目:会計期間の間隔、会計期間の開始日、会計期間のラベル、
    • 方法:[設定] ---> [事業部管理] ---> [会計年度の設定]

IFRAME

同様の方法で追加が可能(特定プロパティに一部、差異アリ)

Webリソース

同様の方法で追加が可能(特定プロパティに一部、差異アリ)

コンポーネントのプロパティ

  • 名前
    • ダッシュボード内で一意であること。
    • 既定値を受入れる。
    • 任意の名称を付与する。
    • 英数字のみ(スペース不可)
  • ラベル
  • リストの場合
    以下の場合、ヘッダをポイントした時リストの説明が表示される。
    • [ラベルをダッシュボード上に表示]をオン
    • 且つ、ビューセレクタが有効になっている。
  • グラフの場合
    • メイン見出しはグラフ名、サブ見出しはビュー名
    • 従って、このオプションはグラフで使用できない。
  • データソース
    • レコードセットの定義
    • エンティティと、既定のビューを選択する。
    • フォームの設定でビューセレクタが無効になっている場合、使用できる唯一のビュー。
  • ビューセレクタ
  • 設定
    • オフ:常に既定のビューを使用。
    • すべてのビューを表示:すべてのシステム ビューが表示。
    • 選択されたビューを表示:選択されたシステム ビューが表示。
  • リスト
    • ラベルの設定を確認
  • グラフ
    • ビューセレクタがオフの場合は、誤った結果を取得しない。
    • ビューセレクタがオンの場合は、サイズ変更が必要になる。
  • ・・・?

アクセス制御

  • システム ダッシュボードにアクセスするユーザを制限できる。
  • これは保護の目的ではなくユーザに役立つものが表示されるよう選択をフィルタするため。
    • 既定値は、[すべてのユーザに対して表示する]
    • セキュリティ ロールで制御する。
      • アクセス許可がない新しいセキュリティ ロールで制御する。
      • フォームのアクセス制御用の既存のセキュリティ ロールを流用できる。
    • 1つ以上の既定のチームにセキュリティ ロールを割当てることができる。
  • 手順
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [ダッシュボード]
    • ダッシュボードを選択して[セキュリティ ロールの有効化]をクリックする。
    • [セキュリティ ロールの割り当て]ダイアログ ボックスで、
      [選択されている次のセキュリティ ロールに対してのみ表示する]を選択する。
    • セキュリティ ロールの列見出しの[名前]の左側にあるチェック ボックスのON/OFFを設定。
    • [OK]をクリックし、ダイアログ ボックスを閉じる。
    • ダッシュボードを選択したまま、メニューバーで[公開]をクリックする。
  • セキュリティ ロールを設定したダッシュボードが含まれる
    ソリューションをエクスポートする場合、セキュリティ ロールをソリューションに含める。

ダッシュボードのレイアウト

  • タブ+行列(グリッド システム)に配置される(フォームと同じ)。
  • コンポーネントは複数の行・列に跨ることができる。
  • ダッシュボードの幅は100%で表示される。
    • 行の高さは固定
    • 列は幅は100%に調整
  • タブが1つだけの時は、タブ ラベルは表示されない。
  • 新規作成時のレイアウトのオプション
    [レイアウトの選択]ダイアログ ボックスで6つのオプションの中から選択できる。
    /レイアウト名構成
    13列の標準ダッシュボード3列の1つのタブ
    24列の標準ダッシュボード4列の1つのタブ
    33列の概要ダッシュボード3列の2つのタブ
    44列の概要ダッシュボード4列の2つのタブ
    53列のマルチフォーカス ダッシュボード3列の1つのタブ
    64列のマルチフォーカス ダッシュボード4列の1つのタブ
  • 上記以外のレイアウトは
    • XMLの直接編集で対応。
    • 組み込みのダッシュボードをコピー後に編集する。

タブのプロパティの変更

  • タブを選択し、[コンポーネントの編集]をクリックする。
  • ダッシュボードの[タブのプロパティ]ダイアログ ボックスが表示される。
  • タブのプロパティを構成する。
  • タブのラベル
    • タブを説明するラベルを入力
    • ラベルを表示する場合、[このタブのラベルをダッシュボード上に表示]チェック ボックスをオン。
    • タブが1つだけの場合、[このタブのラベルをダッシュボード上に表示]チェック ボックスをオフ。
  • タブの展開
    • 殆どの場合、[既定でこのタブを展開する]チェック ボックスをオン。
    • パフォーマンスに影響がある場合、[既定でこのタブを展開する]チェック ボックスをオフ。
  • タブの表示
    • ユーザに表示するタブの[既定で表示する]をオンに設定する。
    • 空のタブ、作成中のタブは、[既定で表示する]をオフに設定する。

グリッド構造の変更

コンポーネントのサイズと位置を変更

  • D&D
    • 移動
    • 場所の変更
  • 拡大・縮小
    • Shiftキーを押下しながらD&Dで拡大・縮小可能。
    • [その他コマンド]の[高さの拡大]、[幅の拡大]、[高さの縮小]、[幅の縮小]でも可能。
    • 高さは3行単位に変化、XML修正で任意の行数を指定可能。

レスポンシブ デザイン

レスポンシブ デザインに対応

タブレットPC用

  • グラフとリストのみ表示される。
  • 営業ダッシュボード
    • 営業ダッシュボードという専用のダッシュボードが用意されている。
    • ユーザは他のシステム ダッシュボードや個人用ダッシュボードへ切替できない。
  • カスタマイズした営業ダッシュボード
    • 営業に属していないユーザに対して、カスタマイズした営業ダッシュボードを提供可能。
    • これは他のクライアント(PC上のブラウザ、Outlook、タブレット上のブラウザ)でも表示できる。

既定のダッシュボード

サイトマップ

  • [設定]、[モジュール(任意)]の領域のエンティティなどの
    コンポーネントが表示される[ナビゲーション バー]はサイトマップというコンポーネント。
  • サイトマップは[コンポーネント]ボックスの一覧にのみ表示され、
    ソリューション エクスプローラーの階層にノードとして表示されないがソリューションに追加できる。

編集

  • サイトマップのXMLでは、各領域で使用する既定のダッシュボードがGUIDで指定される。
  • UIツールでサイトマップを編集することはできない(各ダッシュボードを編集する)。
  • セキュリティ ロールで既定のダッシュボードが使用できない場合は、システム全体の既定のダッシュボードが使用される。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:51:22 (841d)