マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • クエリが含まれる。
  • クエリによりレコードの一覧が表示される。
  • 1つのエンティティに対して
    • 複数のビューを定義できる。
    • 複数のビューを選択し表示データを変更できる。
    • 新しいエンティティには既定のビューが自動生成される。

ビューの種類

システム ビュー

  • DCRM・セキュリティ特権を持ったユーザにより生成・作成される。
  • 全てのユーザが表示できる。
  • 特定の部分で使用される特殊なビュー
  • アプリケーションの組込み機能を提供する。
  • カスタマイズ可能だが、追加や削除はできない。
  • ビュー セレクタに表示されないので切り替えで選択は不可
  • フォームのサブグリッドや、ダッシュボードのリストでの使用は不可

以下は、システム ビューの種類。

高度な検索ビュー

  • 各エンティティに1つ含まれ、以下のケースに使用される。
    • ユーザがビュー セレクタで個人用ビューの作成をクリックした場合。
    • ユーザが高度な検索を開始して、
      [保存されているビューの使用]で[新規]を選択した場合。

関連ビュー

  • 主レコード フォームの関連レコード一覧に表示される。
  • エンティティは1つの”関連”ビューを持ち、変更可能。
  • 一部のエンティティには複数の関連ビューがある。
    • ”関連”検索フィールドによって主レコードにリンクされている活動エンティティ
    • ・・・ERDが無いと説明が厳しい・・・。

簡易検索ビュー

  • 検索
    • ビュー セレクタの上右側に[レコードの検索]ボックスが表示される。
    • テキストを入力(前方一致検索、先頭*のワイルドカードで部分一致検索)
    • Enterキーを押下するか、[検索]アイコンをクリックする。
    • 入力したテキストに一致するレコードの一覧が表示される。
  • 制限
    • ユーザは検索列を選択できない。
    • 具体的な検索が必要な場合は、高度な検索を使用する。
  • 保守
    • 検索列を追加すると、インデックス メンテナンス ジョブが構成される。
    • メンテナンス ジョブで、検索列に対応した非クラスタ化インデックスが生成される。
    • 検索列を削除すると、次回のメンテナンス ジョブでインデックスが削除される。
  • 以下のケースではメンテナンス ジョブでインデックスが自動作成されなくなる。
    • エンティティに900を超えるテキスト フィールドを追加した場合。
    • 簡易検索ビューに20を超える検索列を追加した場合。
    • この場合、直接、DBに非クラスタ化インデックスを追加する。

検索ダイアログ ビュー

  • フォームの検索フィールドに既定で適用される。
    • フォームの検索フィールドの右側の[検索]アイコンをクリックした時に使用される。
    • 検索フィールドで使用されるビューを別のビューに切替えることもできる。
  • 以下のように、使用可能な親(マスタ)レコードの一覧が表示される。
    • 親(マスタ)レコードのプライマリ フィールド
    • プライマリ フィールドの下に検索ダイアログビューの最初の2列。
  • システム エンティティには
    • 通常、1つの検索ダイアログ ビューがある。
    • 一部には、複数の検索ダイアログ ビューがある。
  • レコードが表示されない場合、
    • [他のレコードの検索]をクリックし、すべての結果を示すダイアログ ボックスを表示する。
    • 一覧下部の新規をクリックして(既定で簡易作成で)新しいレコードを作成できる。

カスタム ビュー

  • フォームのサブグリッドや、ダッシュボードのリストで使用可能
  • エンティティのビュー セレクタに表示される。
  • カスタマイズ要件の収集
    • エンティティをビューに表示する必要があるか?
  • どのレコードをビューに表示する必要があるか?
    • 既定ではユーザのアクセス許可のあるレコードが表示される。
    • いずれかのフィルタで特定要件を満たすレコードのみ表示する必要があるか?
  • どのフィールドを表示する必要があるか?
  • 既定では、どのように並び替える必要があるか?

共有ビュー

  • エンティティの既定のビュー
  • すべてのユーザがシステム全体で使用できる。
  • カスタム エンティティが追加されると共有ビューのセットが作成される。
    • 変更可能。
    • 非アクティブ化可能。
    • 削除不可能。
  • 最後に選択した共有ビューは、
    • エンティティの既定のビューの代わりに使用される。
    • サインアウトするまで記憶される。
  • ピン留めすると、個人用の既定ビューとして選択できる。
  • 既定のビュー(共有ビュー)がカスタマイズ要件に似ている場合、
    幾つかの列を追加するだけなどで済む可能性がある。

個人用ビュー

  • 自分で作成したビュー
    • ユーザが作成し表示できる。
    • 他のユーザチームと共有できる。
  • 既存の共有ビューや個人用ビューに基づいて作成できる。
    • ビュー セレクタの下部にある[個人用ビュー]から作成
    • [高度な検索]の[保存]ボタンで作成

ビューの定義

  • 列(射影的な)
    → ビュー列
  • 選択(Where句的な)
    → ビューのフィルタ処理
    • クエリ
    • ビュー フィルタ
  • 並び替え(Order By句的な)

ビューのフィルタ処理

  • ビューは、クエリ、または”ビュー フィルタ”に基づいて
    1つのエンティティのレコードのサブセットを返す。

クエリ

  • クエリは[高度な検索]に似たGUIで作成されFetchXMLをして保存される。
  • コンテキストに応じて(検索の)パラメタをクエリで使用できる。
  • 例:自分のアクティブな取引先企業ビューのパラメタ
    • 表示しているユーザ
    • レコードの状態

ビュー フィルタ

  • テストを含める
    • エンティティのフィールドに関するテスト
    • 親(マスタ)または子(トランザクション)レコード
      および、多対多レコードのフィールドに関するテスト
  • すべてのビューにフィルタが定義されている。
  • フィルタは空にできる(その場合、すべてのレコードが表示される)

ビュー列

フィールド

  • エンティティ内の任意のフィールドを含めることができる。
  • 1対多の関連付けで
    • 主(親)エンティティのフィールドを含めることができる。
    • 関連(子)エンティティのフィールドを含めることはできない。

追加・削除・表示

  • 追加・削除ができる。
  • 列数に制限はない。
  • 表示
    • 順序の変更
    • 幅の調整

推奨

  • 以下の様なビューのビュー列は少なくする。
    • 頻繁に使用されるビュー
    • フォームのサブグリッド
    • ダッシュボードのリスト コンポーネント
  • 以下のビュー列は含めない。
    • (検索の)パラメタに使用している列
    • 重複している列
      • 親レコードに表示されている関連レコードの列
      • マスタ レコードに表示されているとトランザクション レコードの列

ビューの作成・編集

システム ビュー

高度な検索ビュー

  • 定義
    • ビュー列
  • クエリ
    • 自由SQLを使用してビューを提供
    • SQLをGUIで作成(内部的にはFetchXMLが使用されている)
  • フィルタ

簡易検索ビュー

  • 定義
    ビュー列(表示される列)と検索列(テキスト検索の対象フィールド)を定義する。
  • ビュー列(表示される列)
  • 検索列(テキスト検索の対象フィールド)。
    • 検索列は、当該エンティティからのみ選択可能。
  • 検索列が多い場合、
    性能低下の可能性(ユーザ数やレコード数が多い場合に考慮)
    ヒットするレコードが多すぎると役に立たなくなる。
  • 検索列の変更
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • 簡易検索ビューをダブルクリックする。
    • [タスク]領域の[検索列の追加]をクリックする。
      • 検索列のチェックをオン
      • 検索しない列のチェックをオフ
    • [OK] ---> [保存して閉じる] ---> [すべてのカスタマイズを公開]をクリックする。

検索ダイアログ ビュー

  • 定義
    • ビュー列
      プライマリフィールドがビュー列の最初の列である必要がある。
  • 検索列
    簡易検索ビューの検索列が使用される。
  • フィルタ
    • フォーム上の構成でフィルタ処理される。
    • 殆どのエンティティの既定の検索ダイアログ ビューには、
      "アクティブ"であるレコードのみを表示するフィルタが含まれる。

カスタム ビュー

  • ビュー エディタを使用する。

新しいビューの作成

  • 手順
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • [新規]をクリックする。
    • [ファイル名を付けて保存]をクリックし、
  • ビューの定義を行う。
    • ビューの説明を入力
    • フィルタを定義
    • ビュー列を定義
    • 並べ替え動作を定義
  • [保存して閉じる] ---> [すべてのカスタマイズを公開]をクリックする。
  • ショートカット
    • エンティティの任意のビューから、
      [その他コマンド] ---> [新しいシステム ビュー]

既存のビューのコピー

  • 手順
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • コピーするビューをダブルクリックする。
    • [ファイル名を付けて保存]をクリックし、
    • ビューの説明を入力して、[OK]をクリックする。
    • 必要に応じてビュー定義の修正を行う。
    • [保存して閉じる] ---> [すべてのカスタマイズを公開]をクリックする。
  • ショートカット
    • エンティティの任意のビューから、
      [その他コマンド] ---> [システム ビュー]
    • [ソリューション] ---> [エンティティ] ---> [ビュー]一覧が表示される。

既存のビューの編集

既存のビューの削除

  • ビューが不要になったら非アクティブ化・削除する。
  • 非アクティブ化
    • システム ビューは非アクティブ化できない。
    • 非アクティブ化しないと削除できない。
    • 非アクティブ化したビューは再アクティブ化できる。
  • 削除
    • 自動生成された共有ビューは
      削除できない(非アクティブ化はできる)。
    • 削除したビューは復元できない。
  • 手順(非アクティブ化)
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • 非アクティブ化にするビューを選択する。
    • [その他操作] ---> [非アクティブ化]をクリックする。
  • 手順(アクティブ化)
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • 画面上部の[ビュー]ドロップ ダウン リストで、
      [非アクティブな共有ビュー]を選択する。
    • アクティブ化にするビューを選択する。
    • [その他操作] ---> [アクティブ化]をクリックする。
  • 手順(削除)
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • 削除するビューを選択する。
    • 削除([X]) ---> [削除の確認]ダイアログ ボックスで[削除]をクリックする。
    • [すべてのカスタマイズを公開]をクリックする。
  • ダッシュ ボードのグラフ コンポーネント
    • 非アクティブ化されたビューを使うグラフ コンポーネントをダッシュ ボードに追加できる。
    • 使用するビューが非アクティブ化された場合、既定のビューに置き換えられる。
    • グラフの編集時は非アクティブ化されたビューの置き換えが必要になる。

既定のビューに設定する

  • 手順
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • 既定として設定するビューを選択する。
    • [その他操作] ---> [既定値に設定する]をクリックする。
    • [すべてのカスタマイズを公開]をクリックする。

フィルタを定義

  • 概要
    • 1つ以上の条件で構成されるクエリを指定する。
    • 条件は論理AND動作で演算されるので、すべての条件がtrueである必要がある。
    • 条件をグループ化すれば、OR動作を使用できる。
  • 手順
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • フィルタを適用するビューをダブルクリックする。
    • [フィルタ条件の編集]をクリックする。
    • 必要に応じてフィルタの構成を行う。
    • [OK]をクリックする。
  • 関連エンティティのフィールドを追加する。
    • [選択]をクリック
    • [関連]セクションで関連エンティティを選択し[選択]をクリック
    • 関連エンティティのフィールドの一覧が表示される。

ビュー列を定義

  • 概要
    • 初回、プライマリフィールドだけがビュー列に含まれる。
    • 必要に応じて、ビュー列を追加する必要がある。
  • 手順
    • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
    • エンティティを展開し、[ビュー]をクリックする。
    • ビュー列を定義するビューをダブルクリックする。
    • [タスク]領域の[列の追加]をクリックする。
    • 必要に応じてビュー列の定義を行う。
    • [OK]をクリックする。
  • 位置・サイズの変更
    • ビュー デザイナーで移動する列を選択。
    • [タスク]領域で
      • 左右矢印で位置を移動する。
      • [プロパティの変更] ---> [列のプロパティの変更]のウィンドウで列幅を変更する。
    • [OK]をクリックする。

並べ替えの定義

  • 概要
    • 既定の並べ替えには1 or 2の並替え列を指定できる。
    • 並替え列を選択し、昇順・降順を指定する。
    • 並替え列は、当該エンティティからのみ選択可能。
  • 手順
    • ビュー デザイナーで[タスク]領域の[並び替えの構成]をクリック
    • [並び替えの構成]ダイアログ ボックスで並べ替えを定義
      • 1番目の並替え列を選択し、昇順・降順を指定する。
      • 2番目の並替え列を選択し、昇順・降順を指定する。
    • [OK]をクリックする。

タブレットPC用マルチエンティティ検索

概要

  • 簡易検索が拡張され一度に最大10個のエンティティを検索できる。
  • 検索結果はエンティティ毎に別の一覧に表示される。
  • 簡易検索ビューの検索列が使用される。
  • 通常、エンティティ毎に検索列は異なる。

構成

  • [設定] ---> [管理] ---> [システムの設定]
  • [全般]タブの[簡易検索の設定]セクションで
    [タブレットPC用CRMで検索対象のエンティティを選択]ラベルの[選択]をクリックする。
  • エンティティの選択ダイアログボックスで
    • エンティティを追加・削除する。
    • 上下矢印で表示順序を変更する。
  • [保存して閉じる]をクリックする。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:51:28 (1574d)