マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 2013からの新機能
  • プログラミングのスキルがなくてもフォームに条件ロジックを追加できる。
  • クライアント サイドの単項目エラー チェックとエラー メッセージの表示
    (サーバー サイドは、ワークフロー(プロセス)やプラグイン(カスタム コード))

特定のフィールド値に基づいて、

  • 別のフィールドを必須 or 読み取り変更に変更する。
  • 計算された値を自動的にフィールドに入力する。

要素

条件とアクション

  • 業務ルール エディタで業務ルールを作成・編集する。
  • 編集の際は、非アクティブ化して”下書き”の状態に戻す。

条件

業務ルール エディタでフィールドの値と評価条件を定義する。

  • フィールド
    • トリガとなるフィールド
    • 同じフィールド、別のフィールドを使用可能
  • 条件
    • 全ての条件がTureになるANDのみ。
      いずれかの条件がTureになるORは複数の業務ルールを作成する。
  • フィールド * 演算子 * 種類(フィールド or 値 or 計算式)
    /種類説明
    1フィールド他のフィールドとの演算
    2固定の値と演算
    3計算式他のフィールド or 値との演算結果と演算

アクション

業務ルール エディタで条件に合致した場合の動作を定義する。

  • オプション
  • エラー メッセージの表示
    • フィールド内のデータが有効ではない場合、フィールドについてもエラー メッセージを設定する。
    • エラー メッセージのテキストはフィールド近くにエラー アイコン(×)とともに表示される。
    • エラー メッセージは、暫く経つと表示されなくなるが、エラー アイコン(×)をポイントすると再表示される。
    • エラー メッセージは再評価で消える(このため、逆ルールを作成する必要はない)。
  • フィールド値の設定
    フィールド値を設定する。
/種類説明
1フィールド他のフィールドと同じ値を設定
2固定値を設定
3計算式他のフィールド or 値との演算結果を設定
  • 必須項目の設定(逆ルールが必要)
    フォームでフィールドを必須項目にするかどうを変更するために使用。
    • [必須項目]
    • [省略可能項目]
  • 表示方法の変更(逆ルールが必要)
    フォームにフィールドを表示するかどうを変更するために使用。
    • [フィールドの表示]
    • [フィールドの非表示]
  • フィールドのロック・ロック解除(逆ルールが必要) フォームでフィールドを有効(編集可能)にするかどうを変更するために使用。
    • [ロック]
    • [ロック解除]
  • 適用先のフィールド

実行

対象フォーム

すべての対象フォームで動作する(移植可能なビジネスロジック)。

  • メイン フォーム
    • ブラウザ
    • Outlook
    • タブレットPC用DCRMクライアント(レイアウトなどが異なる)
  • モバイル フォーム
    • 電話用DCRMクライアント(スマホ ネイティブ)
    • その他サポート対象外のブラウザ(通常のURLの末尾に/mが付加)

実行タイミング

  • 初回 or 条件に合致した場合、アクションが実行される。
  • 保存時にはアクションは実行されない。

スコープ

業務ルールはエンティティやフォームに関連付けできる。

エンティティ

・・・

フォーム

  • 業務ルールを1つのフォーム or すべてのフォームに適用可能。
  • フォームには、0、1、複数の業務ルールを適用できる。
  • 業務ルールを複数のフォームに適用する場合は、
    フォーム毎にルールのコピーを作成(名前をつけて保存)。
  • 設定
    業務ルール エディタの右上隅のスコープ コントロールから設定する。
    • 業務ルールを使用する対象となるフォームを一覧から1つ選択する。
    • 追加のオプション[すべてのフォーム]に設定する(メイン or 簡易作成)。

作成

  • 業務ルールの作成直後は、”下書き”の状態。
  • 業務ルールを有効にするには、業務ルールをアクティブ化する。
  • 条件・アクション変更、スコープ変更や、削除の前には
    非アクティブ化して”下書き”の状態に戻す。

画面

  • 業務ルール エクスプローラ?
  • 業務ルールのメニューバー?
  • 業務ルール エディタ?

エンティティ

  • [設定] ---> [ソリューション] ---> [エンティティ]
  • エンティティを展開し、[業務ルール]をクリックする。
  • そのエンティティの全ての業務ルールを表示する。

フィールド

  • エンティティのフィールドの一覧からフィールドをダブルクリックして開く。
  • 左のナビゲーション ウィンドウで[業務ルール]をクリックする。
  • このフィールドを使用している業務ルールを表示する。

フォーム エディタ

フォーム エディタで

  • フィールドをダブルクリックし、
    [フィールドのプロパティ]ダイアログ ボックスを表示。
  • [業務ルール]タブをクリックして以下の業務ルールを表示する。
    • このフォームがスコープに入っている。
    • このフィールドが使用されている。
  • リボンで[業務ルール]をクリック
    • フォーム デザイナ右側の[業務ルール エクスプローラー]ウィンドウを表示
    • このフォームがスコープに入っている業務ルールを表示する。

コピー

  • 業務ルールを複数のフォームに適用する場合は、
    フォーム毎にルールのコピーを作成(名前をつけて保存)。
  • 既存のルール(必須項目)の逆ルール(リセット)を作成する場合に利用する。

テスト

フォーム エディタで業務ルールのスコープのフォームを開きプレビュー

コメント

  • 説明の追加は任意
  • 必要に応じて、非イベント依存関係を設定して、
    システム カスタマイザーに依存関係の理解を促す。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:51:49 (1575d)