マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Dynamics CRM」のサポート・テクノロジについて説明します。

SQL Server

SQL Server2008以降を使用してデータを格納。

  • Dynamics CRMのインストール前に
    サポートされているSQL Server(+SSRS)をインストールしておく。
  • Dynamics CRMのセットアップでは
    SQL Server(+SSRS)はインストールされない。

SSRS

インストールの際にDynamics CRMのレポートがSSRSに公開される。

フィルターされたビュー

  • セキュリティ・チェックが含まれ、
    ユーザがアクセスできるレコードのみが返される。
  • クエリを単純化するために正規化が解除されている。
  • SDKやデータ・プロバイダを使用しデータを取得しレポートを生成できる。
  • レポートを生成するために、データベースのテーブルに
    クエリを実行することはサポートされていない。

構成

  • 別のマシンにインストールできる。
  • クラスタ構成のマシンにインストールできる。
  • SSRSも別のマシンにインストールできる。

IIS

IIS7.0以降を使用してWebアプリケーションをホスト。

  • Dynamics CRMのセットアップではIISがインストールされる。
  • Dynamics CRMのセットアップ前にIISをインストールしておくことも可。

Active Directory

ドメイン サービス (AD DS)

オンプレ

  • Active Directoryと連携してアプリケーションの
    • ユーザとグループの情報を格納し、
    • セキュリティと認証を実現する。
  • インストールによって既定のユーザとグループが作成される。

オンライン

  • Dynamics CRM OnlineではOffice 365(Azure AD)が使用される。
  • AzureAD(IDaas)経由のIDフェデレーションにより

フェデレーション サービス (AD FS)

  • オンプレのDynamics CRMにアクセスにインターネットからアクセスする、
    Internet Facing Deployment (IFD) 構成の場合に必要になる。
  • バージョンは、2.0、2.1、2.2をサポートする。

SharePoint

1つ以上のサイト・コレクションが構成されDCRMで使用できること。

共同作業ツール

共同作業ツールを提供

  • ドキュメント・コンテンツ管理
  • ビジネス・Webサイト管理
  • 検索

ドキュメント管理機能

  • 次のエディションではドキュメント管理機能が必要
  • DCRMWebアプリケーションの設定領域から有効にする。
  • SharePointのリスト・ビューを使用してドキュメントを表示するには、
    DCRMにリスト・コンポーネントをインストールする必要がある。

Exchange

DCRMと

  • 電子メール
  • タスク
  • カレンダー

の項目を同期できる。

同期のための機能?

Exchange Online

Office 365の中にあるExchange Onlineなど、
POP3、SMTPをサポートする電子メール・システムを使用できる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:53:09 (1011d)