マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Use Deployment Manager to manage the deployment
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn920265.aspx

展開マネージャを使用して、次のような、展開全体の管理タスクを実行できる。

  • CRM展開内のサーバの管理
  • ライセンス情報の表示
  • インターネット展開用の構成(IFD)
  • PowerShellを使用した展開タスクの実行

展開

  • 1つの展開は
    • 複数のDynamics CRMサーバを持つ事ができる。
    • 構成情報を「MSCRM_CONFIG(構成データベース)」に格納する。
    • 複数の組織「OrganizationName_MSCRM(組織データベース)」を持つ事ができる。
      (この機能は、Workgroupエディションでは利用できない)

展開マネージャ

次の項目の管理が可能な、
マイクロソフト管理コンソール(MMC)
のスナップインとして提供される。

展開管理者(ロール)

展開マネージャーを実行するには、展開管理者ロールが必要。

展開管理者ロールは

説明

  • 展開管理者(ロール)が展開マネージャの実行権限を持つ。
  • 2人以上のユーザを割り当てる必要がある。
  • Dynamics CRMサーバのセットアップ実行ユーザが
    始めに、自動的にこの展開管理者(ロール)のメンバに追加される。
  • セットアップ実行ユーザは後に、展開マネージャを使用して、
    他のユーザを展開管理者(ロール)に追加できるようになる。
    ADDSドメインのグループに追加するのではなく)
  • 組織単位(OU)にはCRMで必要なセキュリティ・グループを追加するだけ。
  • セキュリティ・ロールではないので、
    • 展開管理者はDynamics CRMクライアント・アプリケーションで管理しない。
    • 一般ユーザは、Dynamics CRMクライアント・アプリケーションで管理する。
  • 展開管理者は組織に追加されていない場合、
    クライアント・アクセス・ライセンスを必要としない。

参考

組織の管理

新しい組織の作成

  • 組織→新しい組織→組織の設定の指定
  • 表示名
  • 一意なデータベース名
  • ISO通貨コード
  • SQL照合順序

入力して→次へ

  • カスタマー・エクスペリエンス向上プログラム→入力して→次へ
  • SQLServerを選択→入力して→次へ
  • SSRSのURLを入力→入力して→次へ
  • システムのチェック→次へ
  • 作成する準備ができました→作成→完了

既存の組織の管理

作成/インポート

  • =組織データベースの作成・インポート
  • 作成時、インストール時と同様に以下を指定
    • 表示名
    • 一意なデータベース名
    • ISO通貨コード
    • SQL照合順序を指定する。
    • SSRSサーバーのURL

プロパティの表示

  • 表示名
  • 一意なデータベース名
  • SQL照合順序を指定する。
  • SSRSサーバーのURL
  • 基本言語

有効化/無効化

組織を無効にするとユーザがデータベースにアクセスできなくなるので、
データベースのメンテナンスを行う場合、組織を無効化する。

  • 無効化
    • 変更時
    • 削除時
  • 有効化
    無効化の状態から元に戻す時。
    • 利用時
    • 更新時

組織の変更/削除/更新

組織の編集ウィザードを使用する。

  • 組織の変更
    組織を無効化してから更新する。
  • 組織の表示名の変更
  • 組織データベースの配置先のSQL Serverの変更
    組織データベースの移動は手動で移動する。
  • SSRSのURLの変更
    SSRSのレポート公開は自動で行われる。
  • 組織の削除
    組織を無効化してから削除する。
  • 組織データベースの配置先のSQL Server
    組織データベースは削除されないため、後にインポート可能
  • [Reporting Servicesサーバーを指定]のURLのSSRS
    SSRSと、そのレポートは削除されない。
  • 組織の更新
    組織を有効化してから更新(Microsoft Updateや、手動更新)する。
    • 必要に応じて組織データベースをバックアップする。

サーバの管理

情報の表示

  • 名前
  • 状態(有効/無効)
  • バージョン
  • ロール(サーバのロール)

有効化/無効化

無効化により、当該役割の機能が使えなくなったり、
アプリケーションにアクセスできなくなることがある。

  • Webアプリケーション・サーバー
  • 組織Webサーバー
  • ヘルプ・サーバ
  • 検出Webサービス
  • 展開Webサービス
  • 非同期処理サービス
  • 非同期処理サービス(メンテナンス)
  • サンドボックス処理サービス
  • Dynamics CRM VSSライター・サービス
  • 以下は対象外
    • 組織データベースの配置先のSQL Serve
    • レポート拡張機能のSSRSサーバ

削除

削除により、当該役割の機能が使えなくなったり、
アプリケーションにアクセスできなくなることがある。

削除した役割の復元は、再インストールにより行う。

インターネット展開用の構成(IFD)

※ Internet facing deployment (IFD)

  • クレームベース認証の構成
  • インターネットに接続する展開の構成

展開プロパティ

Webアドレスの更新

Webアドレスの変更

  • セットアップ時に次のWebサービスの内部接続用のWebアドレスが確立される。
    • Webアプリケーションサーバ
    • 組織Webサービス
    • 検出Webサービス
    • 展開Webサービス
  • IISのバインディングやアドレスを変更した際は、
    展開プロパティのページの[Webアドレス]タブで更新する。
    (IISの変更する設定を登録するのではなく、IISで変更した設定を登録する。)
  • フルサーバの場合、全て同じWebアドレスになるが、
    フロントサーバやバックエンドサーバの場合は異なるアドレスになる。
  • 設定
    展開マネージャーの[Dynamics CRM]の[プロパティ]の[Web アドレス]タブで、
    • バインディングの種類:HTTP または HTTPS
    • Webアドレス:address:port

ネットワーク負荷調整

SSLオフロード ハードウェア

  • SSLオフロード ハードウェアのSSLヘッダーを指定する。
  • 展開マネージャーの[Dynamics CRM]の[プロパティ]の[Web アドレス]タブで、
    [詳細]の[SSLヘッダー]にSSLヘッダーを入力する。

ライセンスの管理

必要なCALの概要が表示される。

  • 展開マネージャーの[Dynamics CRM]の[プロパティ]の[ライセンス]タブ
    • 製品ID
    • 管理ユーザ
    • ライセンス
      • Professional CAL
      • Basic CAL
      • Essential CAL
      • サーバーライセンス

アップグレード

(インストールキーによってエディションが決まるため)
アップグレード ライセンスとプロダクト キーを入手し
展開マネージャで入手した新しいプロダクト キーを入力する。

サポートされているエディションのアップグレード パス

現在のエディションアップグレード可能なエディション
Workgroup TrialServer Trial、Workgroup or Server
Server TrialServer
WorkgroupServer
Server

再展開

以下の様なケース

  • 評価、検証、テスト
    • テスト環境
    • アドオンの評価
    • 外部コンサル用環境
    • トレーニング用環境
  • 構成の変更
    • インフラの変更
    • ADドメインの再編成
    • 複数のインスタンスを1つの展開に統合

ユーザのマップ

組織データベースをドメイン間で移動する際、
展開マネージャのインポート ウィザードで 組織データベース内のCRMユーザを
新しいドメインのADのGUIDにリンクさせる。

再展開の計画

  • 新しいドメインやフォレストにCRMをインストール。
  • SQL ServerやExchange Serverなどのインストール(移行)

再展開プロセス

  • 組織データベースをバックアップ
  • 組織データベースのバックアップを”別のDB名で?”リストア
  • 展開マネージャで組織データベースをインポート

組織のインポート

前提

  • 1つの展開で複数の組織をサポートするのは、2013 Server Editionのみ。
    Workgroup Editionにインポートする場合、既存の組織は削除される。
  • 組織データベースが、まだ展開に含まれていないこと。

手順

SQL Serverを選択する。

  • [SQL Serverの選択]ページの[SQL Server]ボックスで
    インポートする組織データベースが格納されている
    SQL Serverを実行するコンピュータ名を入力 or 選択
  • [組織データベース]ボックスの一覧でインポートする組織データベースを選択。

組織の設定の指定

  • [組織の設定の指定]ページ
    • 表示名
    • 一意なデータベース名

SSRSサーバを指定

  • [Reporting Serviceサーバーを指定]ページで、レポートサーバのURLを入力。

ユーザー マッピングの方法を選択

CRMユーザー レコードとドメイン アカウント間のマップ。
ドメイン アカウントはインポートによって新規に作成されないので
事前にドメイン アカウントを作成しておく必要がある。

  • [ユーザーを自動的にマップする(推奨)]
    • [ユーザー マッピングの編集]ページが表示される。
  • [カスタム マッピング オプションを選択する]
  • [既存のユーザーのマッピングの保持]
    組織データベースを同一ドメイン内にインポートする場合
  • [ユーザーを手動でマップ]
    ウィザードのページで各ユーザを手動でマップ
  • [新しいマッピング ファイルの生成]
    • XMLを生成し、ウィザードを再起動。
    • 下記の[既存のマッピング ファイルを使用]へ。
  • [ユーザーの自動マップ]
  • CRMのフルネームからADフルネームへ
    CRMユーザー レコードと同じフルネームの
    ドメイン アカウントにマップする。
  • [既存のマッピング ファイルを使用]
    [新しいマッピング ファイルの生成]で
    生成したXMLにマッピングを設定。

ユーザー マッピングの編集

  • [ユーザー マッピングの編集]ページには
    インポートする組織データベース内のユーザの一覧が表示される。
  • 各ユーザーについて、次の項目が一覧に表示される。
    • 既存のActive Directoryユーザ名
    • ユーザが属するCRM セキュリティ ロール
    • 新しいActive Directoryユーザ名
  • 新しいActive Directoryユーザ名がない場合は、
    マップされていないユーザをマップする必要がある。

システムのチェック

インポートする準備ができました。

PowerShellを使用した展開の管理

展開コマンドを実行して展開の構成を変更できる。

PowerShellは、展開ツールのサーバ役割をもつCRM Server上にインストールされる。

コマンドレットをセッションに登録

Add-PSSnapin Microsoft.Crm.PowerShell

ヘルプを取得

Get-Help *crm*

詳細なヘルプは

Get-Help cmdletname -full

例えば、Get-CrmOrganization?のヘルプを取得するには、

Get-Help Get-CrmOrganization -full

サポートされるコマンドレット


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:53:36 (841d)