マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 役割グループに分割してインストールできる。
  • それぞれのコンポーネントに高可用性ソリューションを適用できる。

高可用性オプション(概要)

同一LANへの配置を推奨

  • CRM Server
  • SQL Server
  • AD DC

ハードウェアの検討事項

  • 冗長電源
  • RAID
  • メモリ(ホットスワップ)
  • NICチーミング

ネットワーク負荷分散(NLB

前提

  • SQL Serverは単一のコンピュータに分離されていること。
  • 少なくとも以下の2つの役割のインストールが必要
    • Webアプリケーションサーバー
    • 組織Webサービス
  • 従って、以下の役割グループ
    ネットワーク負荷分散可能と言える。
    • フルサーバー
    • フロントエンドサーバー

手順

NLBの構成

  • プロトコル:(TCP/UDPの)"両方"
  • 分散方法:ユニキャストモード
  • アフィニティ:単一モード

SPNの構成

CRM Serverのインストール

  • 1台目
    • [展開オプションの指定]ページ → [新しい展開の作成]
    • [セキュリティ アカウントの指定]ページ → SPNの構成で作成したアカウントを指定する。
  • 2台目
    • [展開オプションの指定]ページ → [既存の展開に接続し、必要な場合はアップグレードする]
    • [セキュリティ アカウントの指定]ページ → SPNの構成で作成したアカウントを指定する。

その他

  • 展開マネージャーの[Dynamics CRM]の[プロパティ]の[Web アドレス]タブで、
    • 仮想クラスター名が表示されていることを確認する。
    • [詳細設定]をクリックし、[展開で NLB を使用する]を選択する。
      これにより、次のように、Windows Identity Framework (WIF) を構成する。
      • Microsoft Dynamics CRM セッション認証クッキーの暗号化、暗号化解除。
      • 署名に暗号証明書を使用する。
  • Microsoft Dynamics CRM を IFD 用に構成
    Set-Crmsetting ifdSettings Windows PowerShell コマンドを実行するか、または 展開マネージャー を起動し、
    インターネットに接続する展開の構成ウィザード を実行してドメイン値を追加または修正する。
    • NLB 仮想クラスター ドメイン名を使用
      • [Web アプリケーション サーバーのドメイン]
      • [組織 Web サービスのドメイン]
      • [検出 Web サービスのドメイン]

SQL Server

クラスタリング

アクティブ/パッシブのみサポート

クラスタに新規インストール

  • SQL Serverクラスタを構築
  • SQL Serverクラスタの仮想サーバ名を使用してCRMサーバをインストール
    (「SQL Serverの選択」ページでSQL Serverクラスタの仮想サーバ名を入力)

クラスタに移行

  • 既存のSQL Serverをバックアップしてクラスタにリストアする。
  • Webアプリケーションを実行しているコンピュータのレジストリを編集。
  • On the computers running Microsoft Dynamics CRM, modify the registry value:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM\configdb
  • Old Value
    DataSource?=SQLServer;InitialCatalog?=MSCRM_CONFIG;Integrated Security=SSPI
  • New Value
    DataSource?=NewSQLServer;InitialCatalog?=MSCRM_CONFIG;Integrated Security=SSPI
  • IISを再起動する。

組織データベースだけ移行

  • 組織データベースだけバックアップ・リストアで移行
  • 展開マネージャで以下を実施
  • 組織を無効化
  • 組織を編集(SQL Server名をSQL Serverクラスタ名に変更)
  • 組織を有効化
  • IISを再起動する。

その他の高可用性ソリューション

ログ配布

利用可能

データベース ミラーリング

利用可能だが将来削除され、AlwaysOn?に置き換わる。

AlwaysOn?可用性グループ

利用可能

その他

ドメイン・コントローラー

そもそも分散システムなので2台以上あれば良い。

E-mail Router

クラスタリングに対応しており、
高可用性とフェイル・オーバー機能を提供。

Exchange Server

オプションであり、アクセスを妨げないが、影響は考慮しておく。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-27 (月) 22:53:46 (932d)