マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Dynamics の開発ツールについて纏めています。

良い点

  • 開発ツールとしての完成度は高そう。
    • CRMはよりEUCより。
    • AXは基幹系、きめ細かいカスタマイズを考慮。
  • 相互運用等の技術的な制約も殆ど無さそう。
    • 諸パケージと同様に、.NET等の他開発言語からの呼出WebAPIを公開可能。
    • AXはX++からマネージ、アンマネージ・コードの呼び出しが可能。
    • CRMはアドオンの形で、所定のマネージ・コードの呼び出しが可能。

課題

他システム開発に使用することもできるが、
基本はカスタマイズの範囲で使用するものと思われる。

  • クライアント・ライセンスが必要になる。
    ライセンスは人という考え方と、端末という考え方がある。
  • 自身が業務テンプレートを拡充する場合を除き、EUCレベル以上に詳しくなれない。

従って、

  • EUCの場合、問題は無いが、
  • 受託開発の利用においては、IDEとしては浸透していないので、
    開発者の調達・育成や情報収集が難しい点が課題と考える。

Dynamics CRMの開発ツール

CRMのカスタマイズ

Dynamics AXの開発ツール

Dynamics AX開発 (AOT)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-01 (水) 20:59:42 (847d)