マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

GDI

  • GDIは直線や曲線の描画、フォントのレンダリング、パレットの制御といった処理を担当する、

    カーネル及びユーザ モードのWindowsの3つの主要コンポーネント
    (Kernel32.dll,User32.dll,Gdi32.dll)の1つ(Gdi32.dll)であり、

デバイス ドライバよりも上位に位置し、デバイスの機能的な調整と抽象化を役目とする。

  • また、グラフィカル オブジェクトをディスプレイやプリンタなどの
    出力デバイスへ転送するためのWindowsの規格でもある。
  • このため、GDIを使うことにより、
    • ディスプレイやプリンタなどの多様なデバイスに容易に描画でき、
    • そして各デバイスで適切な表示結果を望むことができる。
  • なお、コントロールなどの上位レベルの描画は
    User32.dllにあるユーザ サブシステムに任される。

GDI+

GDI+ (gdiplus.dll)はGDI(Gdi32.dll)の後継である。

  • Windows XP以降で標準搭載されている他、
  • Windows 98 / NT 4.0 SP6以降で使用可能である。

GDI+には、

  • アルファブレンド(二つの画像をα係数値により合成)
  • アフィン変換(線型写像)
  • グラデーション
  • JPEGやPNGのような画像ファイルフォーマットのサポート
  • イメージ エンコーダー / デコーダー機能

などが追加されている。

これらの機能は

  • Windows XPのUIや、
  • Flash、SVG(Scalable Vector Graphics)など

で利用されている。


Tags: :Windows, :プログラミング


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-07 (金) 13:01:22 (378d)