マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • DPMを使用すれば全てのシナリオに対応出来る。
  • Windows標準のWindows Serverバックアップでは、バックアップできないシナリオがある。

ホストのバックアップ

ホストの通常のバックアップ。

  • システム・バックアップ
  • データ(ゲストのVHDなど)・バックアップ
  • スタンドアロン:Windows Serverバックアップのベアメタル バックアップにより保護できる。
  • ホスト・クラスタ:Windows Serverバックアップのベアメタル バックアップにより保護できる。
    ※ ホスト・クラスタでは、削除+追加のパターンも可能。

ゲストのバックアップ

ゲストの通常のバックアップ。

  • システム・バックアップ
  • データ・バックアップ

ゲストのバックアップには、

  • ホストOS上から取得するホスト・ベース(のバックアップ)
  • ゲストOS上から取得するゲスト・ベース(のバックアップ)

が存在する。

以下、それぞれの選択基準について説明する。

ホスト・ベースとゲスト・ベースの選択

組み合わせ

ホスト・ベースのバックアップゲスト・ベースのバックアップ
バックアップ対象仮想マシン(構成ファイルとVHDゲストOSのシステム・アプリ
バックアップ設定Hyper-Vホスト
・Windows Serverバックアップ
・DPMエージェント
ゲストOS
・Windows Serverバックアップ
・DPMエージェント

ゲスト・ベースのバックアップが必要なケース

ゲスト・ベースのバックアップを選択する必要があるケース

  • ゲストOSにパス・スルー・ディクスを接続している。
    ※パススルー・ディスク:物理ディスクそのものを仮想マシンに割り当てる仕組み。
  • ゲストOSから、iSCSI等でリモート・ストレージに接続している。
  • ゲスト OS 内でダイナミック ディスクを構成しており、
    且つオンライン バックアップが必要な場合 (KB958662)
  • アプリケーション・レベルの保護が必要な場合。
    ホストからのVHDオンラインバックアップでは
    アプリケーション・レベルで保護されない。
    • Active Directoryのバックアップ
    • ファイル・サーバの差分同期
    • SQL Serverのトランザクション・ログのバックアップ

ホスト・ベースのバックアップの考慮点

比較表

スタンドアロンSMBCSV
Windows Serverバックアップ(2008R2)×
Windows Serverバックアップ(2012)×
DPM2012SP2
  • Windows Server バックアップを使用して
    ハイパー V バーチャル マシンを親パーティションから
    Windows Server 2008 ベースのコンピューターでバックアップする方法
    http://support.microsoft.com/kb/958662/ja
    • Windows Server バックアップで、HYPER-V の VSS ライターを登録する。
  • Windows Server バックアップ(リクエスタ)がスナップショット作成をVSSに要求し、
    VSSはサーバ・アプリケーション(ライター)にキャッシュのフラッシュを指示するため。
  • 詳しくは、「VSS(Volume Snapshot Service)」を参照。
  • Windows Server 2012からホストOSから専用メニューでゲストOS
    ・・・仮想マシン(構成ファイルとVHD)の個別バックアップ・リストアが可能になった。

考慮点

  • Windows Serverバックアップは、サポートされないシナリオがある。
  • DPM2012SP2を推奨。
    • DPM2012は、Windows Server 2012環境保護をサポートしていない。
  • DPM2012SP2では、CSV環境のバックアップが高速化。
    • 高速完全バックアップのパフォーマンス改善
    • 並列バックアップをサポート
    • VSS H/W Providerと同等のパフォーマンスを実現。
      VSS H/W Providerについてはこちらを参考にできる。
  • VSS H/W Providerが存在する場合は、VSS H/W Providerが優先される。
    • DPMにて、標準VSS Providerを使用する場合は、レジストリを修正する。
    • Creating protection for Hyper-V VMs on
       Windows Server 2012 fails with Internal error code 0x809909E2
      http://support.microsoft.com/kb/2761897

ゲスト・ベースのバックアップの考慮点

ゲストOSのバックアップまとめ

エクスポートWindows Serverバックアップ(ホスト・ベース)DPM2012SP2(ホスト・ベース)DPM2012SP2(ゲスト・ベース)
バックアップ対象仮想マシン仮想マシン仮想マシンシステム・アプリ
リストア対象同上同上仮想マシン、ファイル同上
バックアップ対象外・リモート・ストレージ
・パス・スルー・ディスク
・リモート・ストレージ
・パス・スルー・ディスク
・SMBファイル共有
・リモート・ストレージ
・パス・スルー・ディスク
オンライン・バックアップ×
必要ライセンスWindows標準Windows標準DPMエージェントが必要DPMエージェントが必要
運用イメージ・仮想マシンを別環境に移動
・初期セットアップ時のイメージを長期間保存
追加コスト無しで、仮想マシンのバックアップを行いたい。・仮想マシンとしてバックアップしたい。
・重要データは別の手段でバックアップしている
(DBのオンラインバックアップ等)。
仮想マシン内のきめ細かなバックアップ。
例えば左記のDBのオンラインバックアップや、
Active Directory、SharePointのバックアップ。

Windows Serverバックアップ(ゲスト・ベース)は・・・

参考情報


Tags: :Windows, :Hyper-V, :仮想化, :バックアップ, :障害対応


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-08 (木) 18:22:58 (190d)