マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Hyper-V機能一覧を纏めている。

機能一覧

VM作成

作成と削除  

VM設定

以下の設定が可能。

BIOS

スタートアップ順序程度

CPU

コア数

メモリ

  • 割り当て量
  • 動的メモリ(ダイナミックメモリ)
    • VDIなどをホストする際に効果的。
    • VMwareのメモリオーバーコミットと比べてファジーな仕様(無い袖は振らない)。

ディスク

  • VHD
    • 固定・可変を選択可能
      • 固定:高性能、現時点で本番機での推奨。
      • 固定:現時点で本番機での非推奨。
  • 余談:固定・可変の性能差は無くなって来ている。
    また、ストレージの機能拡充によって今後変化する可能性がある。
  • 差分VHDを使用して起動することも可能
    (VHDテンプレートという使い方)。
  • 接続インターフェイス
    • 起動はIDE、データはSCSI(ホットプラグ)と言われている。
    • レガシー:IDE、IDEの起動の上限は2TBなどがある。
    • 第2世代:IDE等のレガシー無し、SCSI(ブート可能、ホットプラグ)。
  • パススルー・ディスク
    • メリット:物理直結、高性能な外部ストレージの機能を活用可能。
    • デメリット:物理構成に依存。Hyper-Vのスナップショット(チェックポイント)は利用不可能。

仮想NIC

  • ホストの仮想NICは、仮想スイッチ毎に作成される。
  • 完全仮想化(エミュレーション・モード)
    • レガシー・ネットワークアダプタ
    • インテルのチップのエミュレーション、PXEブートはレガシNICのみ。
  • 準完全仮想化(統合モード)
    • 通常のネットワークアダプタ
    • NICオフロードなどのドライバ機能はこちらでのみサポート。
  • 構成
    • ポート・ミラーリング設定など可能
  • 2012から帯域制御機能を利用可能になった。
    • WindowsのNICチーミングではNICを結合できるが分割できない。
      NICの分割の変わりに、帯域制御機能を使用する。

その他アダプタ等の追加

  • SCSI(ブート不可能)
    • 第1世代仮想マシンは、ブート不可。
    • 第2世代仮想マシン(2012R2)から、ブート可。
  • ファイバチャネル   

VM操作

以下の操作が可能。

電源オンオフ

スナップショット(=チェックポイント)

2012R2からチェックポイントに統一

  • 旧Hyper-V:スナップショット
  • 旧SCVMM:チェックポイント

エクスポート・インポート

VHD(仮想ディスクファイル)だけではなく、
VM設定などもまとめて(関連ファイル一式を)エクスポートする。

レプリケーション

  • DR用(5分に1回のレプリケーション)
  • 少々信頼性は落ちるが、レプリ頻度の低いDBミラーな感じ。
  • 要件:同じADに参加しているか、証明書を共有している必要がある。  

VMの移動(フォルダ、ストレージの移動)

  • 2012から、VMの稼動状態を維持したたま、記憶域の移動が可能となった。
  • 記憶域
    • VM構成ファイル
    • VHDファイルなどのストレージ
  • 2008R2までは停止後移動のため、ダウンタイムが発生。
  • 2008R2+SCVMM
    ゲストOSを止めて、ファイルを移動後、構成変更。
  • 2012
    上記の機能を、H-Vが機能を持つようになった。
    ホストOSから見えている範囲でゲストが動いたまま移動可能。

ネットワーク作成

仮想ネットワーク

動作モード意味
内部仮想ネットワーク仮想マシン間やホストOSとの間での通信のみが許可されるネットワーク・インターフェイス。外部へはアクセスできない。IPアドレスの割り当てサービス(DHCPサービス)はないので、必要ならDHCPサービスを仮想マシン上で稼働させるか、固定IPアドレスを利用する
外部仮想ネットワーク外部(インターネットなど)へアクセス可能なネットワーク・インターフェイス。ホスト・コンピュータに装着した物理ネットワーク・インターフェイスと同様に、外部との通信ができる。IPアドレスはホスト・コンピュータと同様に、外部のDHCPサーバを使って割り当てられる
プライベート仮想マシンネットワーク内部仮想ネットワークと類似しているが、仮想マシン同士間での通信のみが許可されるネットワーク・インターフェイス。ホストOSともやり取りできない。完全に外部から隔離されたネットワークになる。Virtual PCやVirtual Serverの「内部仮想ネットワーク」に相当する。IPアドレスの割り当てサービス(DHCPサービス)はないので、必要ならDHCPサービスを仮想ネットワーク上で稼働させるか、固定IPアドレスを利用する

仮想スイッチ

  • 通常のレイヤ 2 スイッチとして動作する。
    • タグ付き VLAN
    • プライベート VLAN [2012新機能]
  • その他の機能
    • ルータ・ガード
      VM がルーター アドバタイズに基づいて動作するのを停止する。
    • DHCPガード
      ユーザが VM をDHCPサーバとして承認しない限り VM の DHCP トラフィックを停止する。
    • ポート ミラーリング
      あるポートが送受信するデータを、同時に別のポートから送出する機能。
  • 動作モード
    • 外部スイッチ(外部仮想ネットワーク)
    • 内部スイッチ(内部仮想ネットワークのスイッチ)
    • プライベート・スイッチ(プライベート仮想マシンネットワークのスイッチ)

クラスタ

以下のタイプのクラスタが構築可能。

Hyper-V 高可用性オプション

  • ゲスト・レベル
    • ゲスト・クラスタ
    • ゲストNLB
    • レプリカ(2012から)
    • 仮想マシン・モニタリング
  • ホスト・レベル(ホスト・クラスタ)
    下記参照。
    • フェールオーバー
    • ライブ・マイグレーション
    • クイック・マイグレーション

Hyper-V ライブ・マイグレーション

  • スタンドアロン・ホスト
  • ホスト・クラスタ
  • SMBファイル共有

クラスタ(共有ディスク)の作成方法

  • Windows Storage Server 2008 R2 iSCSIのVMを作成。
  • iSCSIはタダのネットワークなのでVM内部から接続設定する。

その他

関連OS側機能

ストレージ・オフロード

ODX:Offload Data Transfer

ストレージ側の転送機能をOSから使う機能。

NICチーミング可能

Windowsの機能として提供されている。


Tags: :Windows, :Hyper-V


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 11:22:48 (909d)