マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Hyper-VのNICの推奨構成を纏めた。

推奨構成

ホストOS用とゲストOS用

分割するのが推奨。

ホストOSに2枚以上の物理NICがインストールされている前提で、

  • 外部スイッチ(外部仮想ネットワーク)に接続されるホストOS上の仮想NICの
    「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプタの共有を許可する」プロパティ
    をオフにすることで、ゲストOS専用の物理NICに設定することができる。
  • しかし(ボードのNICドライバの機能を使用すれば可能だが)、
    Windows、Hyper-Vの機能では10GB NIC×2(チーミング)を分割できない。
    この場合、Hyper-Vの帯域制御機能を使用することができる。    

ストレージ用

  • iSCSI用NIC

管理用

  • できればNICを分割

ライブマイグレ時の構成

サービス用

サービス提供の用途のNIC

ハートビート用

WSFC、MSFCのハートビート用

ライブマイグレ用

仮想マシンのプロパティ→「ライブ移行用ネットワーク」で
マイグレーションに指定するネットワークが指定可能とのこと。


Tags: :Windows, :Hyper-V, :仮想化


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 12:02:42 (907d)