マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

IIS の *.configに限定した内容だったが、
コンフィギュレーション全般の話に変更。

詳細

GUI

「IIS マネージャ」を使用する。

CUI

CMD

IIS 7.0 から、iisxxxx.vbs が appcmd に変更された。

PowerShell

WebAdministration? → IISAdministration cmdletsを使用できる。

configファイル

  • IIS 7.0 では XML ベースの*.configファイルが、IIS 6.0 以前のメタベースを置き換えている。
  • この新しい構成システムは最初 ASP.NET で採用されたもので、拡張子が .config になっている。
  • IIS 7.0 の構成ファイルは %WinDir?%\System32\Inetsrv\Config フォルダーに保持される。
  • 主要なconfigファイルは以下になる。

ApplicationHost?.config

この構成ファイルはすべてのWebサイトやアプリケーションに関係する設定を保存している。

Administration.config

この構成ファイルはIISの管理に関連する設定を保持する。
これらはIISマネージャー用にインストールされた、
管理モジュールの一覧のほか、各管理モジュールが利用する構成設定を含む。

Redirection.config

複数のIISサーバーを中央管理の単一の構成ファイルで管理するシステム構成をサポートする。
この構成ファイルは中央管理の構成ファイルがどこに配置されているかを指定している。

メモ

  • 各設定はWeb.config に委任され、ApplicationHost?.config 内で
    指定されている設定を上書きすることができるようになっている。
  • さらに、委任許可がされていない設定については Web.config に追加できない。

目的別

同時実行性

同時実行性を向上させるためのパラメタについて纏める。

  • .etc

帯域制御

HTTPメソッドの制御


Tags: :Windows, :IIS


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-28 (水) 13:44:07 (36d)