マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

抽出系の後処理

  • 負荷テストでは、基本的に、性能を重視するため、正規表現を適用。
  • クライアント側の性能を重視しなくて済む場合、
    • XPathが使いやすい。
    • ただし、XML Valid でないページには、正規表現を適用。

正規表現

Extractor

Regular Expression Extractor(正規表現抽出)

Expression

抽出のための正規表現を指定する。

XPath

Extractor

XPath Extractor

Expression

Selector

Extractor

CSS/JQuery Extractor

Expression

JSON

Extractor

JSON Extractor

Expression

共通的な設定

Field to check

抽出する箇所を指定する。

可変値の追跡の場合

(レスポンスの)「Body」を選択する。

入力値にテストデータを組込む場合

  • GETの場合、(リクエストの)「URL」を選択する。
  • POSTの場合、(リクエストの)「Body」を選択する。

参照名

  • 変数として使用する際の名称を指定する。
    ("_"は文字列グループで使用するため、使用不可)
  • 通常、リクエストで使用の際は、${参照名}として使用する。

参考


Tags: :テスト, :ツール類


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-03 (火) 13:03:52 (565d)