マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Jmeterでは、フィルタや抽出などで正規表現を使用することが多い。

正規表現

Perl5互換の正規表現を使用できる模様(なお、.NET Frameworkの正規表現もPerl5互換)。

フィルタ

  • ".*" は、任意の0文字以上の文字列を表すメタ文字列。
  • 必要に応じて "\" でエスケープする。

ホスト名

ホスト名は "local\.com:80/.*" などと指定する。

拡張子

拡張子は ".*\.html" などと指定する。

抽出

  • 以下は、「正規表現抽出」固有の設定項目(共通敵な設定項目はコチラ

正規表現

  • "(.+?)" は、任意の1文字以上の文字列を抽出するメタ文字列。
  • "\s+?" は、1文字以上のスペースやタブなどの空白文字の最短マッチのメタ文字列。
  • 必要に応じて "\" でエスケープする。
    • 空白を含まない。
      • HTML
        <input type="text" name="xxxx" value="yyyy">
      • 正規表現
        name="xxxx" value="(.+?)"
  • Innerテキストなど、空白を含む場合。
    • HTML
      <XXXX name="xxxx">
       <YYYY>yyyy</YYYY>
      </XXXX>
    • 正規表現
      <XXXX name="xxxx">\s+?<YYYY>(.+?)</YYYY>

テンプレート

マッチする文字列グループが複数ある場合、

  • 参照名で、抽出する部分を$n$で指定する。
  • n部分を数値で指定する。先頭が1となる。
  • $0$は、式全体が一致するものを表す。

一致番号

  • マッチする文字列グループが1つの場合になる場合、省略可能。
  • マッチする文字列グループが複数になる場合、以下のように記入する。
  • "1" 指定
    正数指定、n番目のマッチを選択。
  • 参照名_g
    マッチした文字列グループ数
  • 参照名_gn
    マッチした文字列グループ値(n = 0,1,2)
  • "0" 指定
    ランダムに一致を選択する。
  • "-1" 指定
    負数指定、ForEach?コントローラと一緒に使用。
  • 参照名_matchNr
    見つかった一致の数。
  • 参照名_n
    テンプレートによって生成された文字列(n = 1,2,3)
  • 参照名_n_gm
    m = 0,1,2 - 一致するグループn

初期値

デバッグを容易にするため、"not-provided" などの文字列を入力しておくと良い。

参考

正規表現


Tags: :テスト, :ツール類


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-10 (火) 09:39:24 (5d)