マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

L2TP : Layer 2 Tunneling Protocol

  • トンネル・プロトコルで、VPN(仮想専用ネットワーク)を構築するのに用いられる。
    • 暗号化や秘匿性は提供しないため、IPsecと併用されることが多い。
    • OSI参照モデルの第2層データリンク層のプロトコルでUDPの1701番ポートを用いる。
  • PPPの為の2つのトンネルプロトコルに起源を持つ。
    • CiscoのL2F
    • マイクロソフトのPPTP

詳細

機器

LAC

  • LAC : L2TP Access Concentrator
  • 発信元のVPN機器

LNS

  • LNS : L2TP Network Server
  • 受信側のVPN機器

認証と暗号化

認証

提供しないため、IPsecと併用されることが多い。

暗号化

提供しないため、IPsecと併用されることが多い。

トンネリング

PPP

  • VPNの基礎となるPPP系の確立(ISPとのPPPではない)

L2TP/UDP(1701)

  • PPPトンネルの「外」で、制御コネクションを開始要求→通知までする。
  • PPPトンネルの「中」で、制御コネクションを確立(LAC→LNS(UDP:1701))
  • 制御コネクションを使用し、PPPトンネルの「中」にL2TPトンネルを確立する。
  • L2TPトンネルの「中」で、PACと、PNSとで通信を開始する(双方向)。

参考

VPN

トンネリング

PPTP

SSTP

IPsec


Tags: :インフラストラクチャ, :通信技術, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-27 (日) 13:03:24 (19d)