マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Microsoft の IoT サービス群。

構成

Azure IoT Hub

  • IoTデバイスをクラウドで監視/管理するサービス
  • IoTデバイスとバックエンドの双方向の通信を仲介するサービス。

Azure IoT Edge

  • クラウド側の処理を、Edge側で処理する。
  • Edgeデバイスにランタイムをコンテナ化
    &デプロイし、Azureのサービスを利用可能にする。

Azure IoT Central

  • エンタープライズ レベルの IoT ソリューションの
    開発、管理、および保守の負担とコストを削減する
    IoT アプリケーション プラットフォーム
  • 制御機能の一部は含まれていないが、その分、
    必要な設定、管理、運用の負担も少なくなる。

Azure Digital Twins

デジタルツインのソリューション

  • 人、デバイス、センサーなどの関係性を追跡し、
    これらの相互作用をモデル化する空間インテリジェンス機能を提供。
  • デバイスから送信されるテレメトリーデータを基に、
    データの検証、照合、計算などのプロセスを踏み、通知やイベントを自動的に生成。

Azure IoT Plug and Play

Digital Twin定義言語に基づき、公開機能モデルを通じたデバイス統合を簡素化。

  • Azure Certified for IoT Device Catalogの表示
  • Azure IoT HubとAzure IoT Centralの両方との相互運用性

Azure Time Series Insights

IoTデバイスが生成する時系列データを取り込み、クエリを実行するPaaS

Azure Maps

地理空間データをモバイルアプリケーションやWebアプリケーションに提供するためのAPI

Azure IoT solution accelerators

予知保全やリモート監視など、一般的なIoTの利用シーンを
想定したアプリケーション開発を容易にするテンプレートを提供

その他

Azure Sphere

Azure Stream Analytics

参照アーキテクチャ

構成

ThingsGatewayInsightsActions
Insights1PathInsights2
IoT デバイス
エッジ デバイス
クラウド ゲートウェイ
デバイス プロビジョニング
ストリーム処理HotLogic Apps(EDI)等結果を利用する
アプリケーション
Azure Functions(FaaS)WarmAzure Cosmos DB
(ウォーム パス ストレージ)
Azureのストレージ
(コールド パス ストレージ)
ColdAzure Synapse、機械学習

Path

Hot

データが到着すると、ほぼリアルタイムでそのデータを分析

Warm

HotColdの中間

Cold

より長い間隔 (毎時または毎日) でバッチ処理を実行

スケーラビリティ

Azureのデータ・ストア

Azureのメッセージング・サービス

セキュリティ

保護された通信

  • 暗号化、署名
  • SSL、TLS

認証・認可

以下のいずれかを使用する。

  • 証明書
    • 自己署名証明書
    • CA署名証明書

物理的な改ざん防止

TPMによるストレージの暗号化など。

監視およびログ記録

テレメトリのトレース

参考

参考

TechTarget?ジャパン

「Azure IoT」サービスを一挙紹介
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/series/14764/

microsoft.com

Microsoft Azure

Microsoft Docs

開発基盤部会 Wiki

IoT

データ・パイプライン


Tags: :クラウド, :Azure, :IoT


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-10 (月) 13:46:33 (44d)