マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

2012からサード・パーティのNICチーミング・ソリューションが不要となった。

NICチーミングには、以下のモードがある。

チーミング・モード

  • スイッチに依存しない(SI) → 推奨
  • スイッチに依存する(SD)
    • チーム メンバーは同じスイッチに接続
    • 静的チーミング → IEEE 802.3ad draft v1
    • LACP (Link Aggregation Control Protocol ) → IEEE 802.1ax

※ スイッチ:L2スイッチ

負荷分散モード

  • アドレス・ハッシュ(AH)
    • ハッシュ アルゴリズム で利用可能な NIC 間で負荷分散
    • ソース /宛先 MAC、ソース/宛先 IP、ソース/宛先 TCP ポートのハッシュ
  • Hyper-Vポート(HP) → 推奨
    • 仮想マシンの MAC アドレスではなく、仮想スイッチのポートで負荷分散

トラフィック

アドレス・ハッシュ(AH)Hyper-Vポート(HP)
スイッチに依存しない(SI)送信:AHで全アクティブ・メンバ(NIC)に分散される。
受信:SIのため1つのチーム・メンバ(プライマリNIC)のみ使用可能。
送信:HPのため全アクティブ・メンバを使用可能。※ 同じVMは同じNICを使う。
受信:HPのため全アクティブ・メンバを使用可能。※ 同じVMは同じNICを使う。
スイッチに依存する(SD)送信:AHで全アクティブ・メンバ(NIC)に分散される。
受信:SDのため受信トラフィックは、L2スイッチで任意のNICに分散される。
送信:HPのため全アクティブ・メンバを使用可能。※ 同じVMは同じNICを使う
受信:SDのため受信トラフィックは、L2スイッチで任意のNICに分散される。

推奨構成

アドレス・ハッシュ(AH)Hyper-Vポート(HP)
スイッチに依存しない(SI)【推奨】:Active-Standby構成
【推奨】:仮想マシン内でのチーム
※ 全てのパターンで利用可能。
※ 仮想マシン内チームとHyper-Vホストのチームの組み合わせは利用しない。
★【推奨】:Hyper-V環境に最適
※ VLAN設定は、Hyper-V仮想スイッチにて行う(チームI/F追加にてVLAN IDを設定しない)。
スイッチに依存する(SD)★【推奨】:ネイティブ環境に最適
※ ネイティブ環境に於いて、最大のパフォーマンスを実現。
Hyper-V環境で利用可能

Tags: :インフラストラクチャ, :通信技術, :信頼性, :Windows


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-28 (火) 09:20:08 (659d)