マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

詳細

  • 更新操作をサポートするODataプロトコルは、
    データソースとの接続と操作を簡素にする仕組みを提供しようとしている。
  • こう書くと、

参考

microsoft.com

  • Open Data Protocol
    ' - OData を使用してあらゆるデバイスで優れたエクスペリエンスを構築する
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/hh394150.aspx

    OData とは、データの照会および更新のための Web プロトコルで、データのロック解除に統一の手法を提供します。簡単に言うと、OData は、データ転送の標準形式とそのデータへのアクセスの統一インターフェイスを提供します。OData は、ATOM フィードと JSON フィードを基盤とし、データの照会や更新の機能の公開に HTTP (REST) インターフェイスを使用します。柔軟性のある統一インターフェイスにより、一度作成した API をさまざまなクライアント エクスペリエンスに使用できるため、OData はデータ アクセスの問題に対処する際の重要なコンポーネントになります。

slideshare.net


Tags: :IT国際標準, :プログラミング, :通信技術, :.NET開発, :ASP.NET


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-20 (月) 16:40:44 (191d)