マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ネットワーク階層の基本モデルとして、

  • ISO(国際標準化機構)と
  • CCITT(国際電信電話諮問委員会)に

よって決定されたOSI参照モデルでは、
通信プロトコルを機能ごとに7階層に分類し、
各階層で実現する機能を定義している。

プロトコル スタック

  • コンピュータ・ネットワーク上で、通信を実現するための
    一連の通信プロトコル群を実装しているモジュール(プログラム部品)。
  • OSI参照モデルに合わせてで表現されるので、積み上げ(スタック)と呼ばれる。
  • 一揃い(suite)という意味で、プロトコルスイートと呼ばれることもある。

各階層の名称と機能

階層名称機能
第7層アプリケーション層アプリケーション間でのデータのやり取りを規定する。
※ アプリケーションレベルの通信
第6層プレゼンテーション層アプリケーション層で扱うデータの構造を規定する。
※フォーマットレベルの規定
第5層セッション層プロセス間での同期などを考慮しながら、通信するノード間での接続や解除、開始、一時停止、再開、終了などの、セッションのデータ形式、手順を規定する。
TCP/IPの生ソケットを使用したプログラミングをする場合、セッション層に相当する機能を作りこむ必要がある。
また、上位プロトコルに従う場合は、RFCなどの技術仕様に基づいてプログラムを実装する必要がある。
第4層トランスポート層メッセージを確実に転送するための転送確認、エラー訂正を規定する。TCPのウィンドウ制御の仕組みなどがわかり易い。
第3層ネットワーク層ネットワーク アドレス(IPアドレス、NetBIOS名)などを使って発信元や受信先が分かるようなパケットを形成する。
第2層データリンク層同一のネットワーク媒体に接続されたコンピュータ間での通信方法を規定する。物理層から受け取ったデータが正しいものかどうかを判断する。
第1層物理層ネットワーク媒体上を流れる信号のやり取りについて規定する。

各階層とプロトコル、ソフトウェア・ネットワーク機器の対応

各種プロトコル、ソフトウェア、ネットワーク機器と、OSI参照モデルとの対応

#略号説明
1TDIアプリケーションとAPIの間にあるトランスポート ドライバのインターフェイス
2LLC誤り制御やフレームの抜けや重複の検出などデータリンクを論理的に構築する層
3MAC物理層の提供するサービスに応じた衝突制御などを行い、物理的にフレームデータを伝送する層
4NDISMicrosoft社が定めたネットワークドライバの標準仕様
各階層とプロトコル、ソフトウェア・ネットワーク機器の対応

参考

Wikipedia


Tags: :通信技術, :Windows


添付ファイル: fileOSI.png 97件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-10 (金) 13:11:58 (7d)