マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

P2V は Physical to Virtual の略です。
実機で使用しているWindows環境を、仮想環境へコピーすることを指します。

P2Vの例

  • サーバー延命、サーバー統合
    旧マシンのWindows Server 環境を Windows OS まるごとHyper-V 上に持ってきて、継続運用する。
  • PCリプレース
    既存PCの Windows XP 環境を、 Virtual PC の 仮想マシンへ変換(VHDファイルへ変換)して、
    PCを Windows 7 へ再インストール後、既存のXP環境をWindows Virtual PC 上で継続使用する。

SCVMM の P2V機能

Microsoft製品では、SCVMM に P2V機能があります。 以下の点、検討が必要です。

  • 移行作業のためだけに SCVMM を購入するのは、費用がかかります。
  • 移行後も、SCVMMを継続使用して、仮想環境の管理を行うこともできます。
  • 移行のためだけに、SCVMMの評価版を使用することは、ライセンス上認められていません。
    (評価版で移行した環境は、移行中/移行後ともにサポート対象とされません。)
  • SCVMMでP2V出来るのは、P2V元が Windows 2000 Server 以後です。
    ただし、Windows 2000 Server をSCVMMでP2Vする場合、
    オフライン移行(専用のツールで起動して吸い出す)方式のみです。
    オフライン移行の間は、そのサーバーは機能しません。
  • Windows Server 2003 以後を P2V する場合、
    オフライン移行/オンライン移行(稼働中にVSSを使って吸い出す) の両方が可能です。
  • Windows NT 4 を P2V するには、
    Virtual Server 2005 R2 および Virtual Server 2005 R2 向けに提供されている
    Virtual Server 移行ツールキット (VSMT、無償ダウンロード) が必要です。
    移行ツールキットの動作要件に Windows Deployment Services (WDS) が必要です。

Disk2VHD を使った P2V

  • Disk2VHD (無償ダウンロード) を使って、P2V することもできます。
  • このツールを使う場合、管理者サーバー側からリモートで操作することができません。
  • Disk2VHD ツールを P2V 移行元環境へインストールし、手動で起動する必要があります。

ライセンス

P2V における、ライセンスについて、ご注意ください。
Windows の ライセンスはハードウェアに紐付いています。

  • このため、プレインストールされたWindowsをP2Vすると、
    ハードウェアからライセンスのみ切り離すことになります。
  • ライセンスの移動は、不可であるか、連続して移動するのに一定期間あける必要があるなど、
    制限事項があるため、安易にWindowsを移動するとライセンス違反になる場合があります。
  • プレインストールライセンスの移動については、
    Microsoft社の情報をよく確認して、行ってください。

Tags: :移行


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-08 (木) 18:23:40 (103d)