マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • RDPはTCP/IPベースのプロトコルで、
    • クライアント側のマウスやキーボードの入力データをサーバ側に伝送したり、
    • RDセッション ホスト」側の画面情報(圧縮された差分情報)をクライアント側に伝送したりする。
  • RDセッション ホスト」側でRDPが使用するリスニング ポートは
    TCP/IP 3389で、これを変更する場合は、レジストリを修正する必要がある。

詳細

RDPファイル

セキュリティ

暗号化

  • TCP 内でカプセル化および暗号化される。
  • ただし、既定値では低い暗号化の強度(56bit)。

証明書

ローカルPCはリモートPCをリモートデスクトップ用の電子証明書で検証する仕組みを持つ。

クラウドでの利用

  • クラウドでは、テスト環境に限定することが推奨されている。
  • パスワード認証しかできず、
    デフォルト設定だと何度間違えてもロックされない。
  • TLSによる暗号化により通信傍受は容易ではないが、自己署名証明書。

RDP over HTTPS

Azure Bastionなどで使用されている。

参考


Tags: :シェル, :インフラストラクチャ, :Windows, :仮想化, :クラウド, :Azure


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-14 (金) 11:08:29 (75d)