マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 通常は、1コネクション・1セッション。
  • MARSを使用すると、1コネクション・nセッションになる。
    • SQL Server の MARS (Multiple Active Result Sets) 機能を使用すると、
      単一の接続を利用して、複数のセッションを使用できるようになる。
    • 具体的には、SELECTを実行した後に、データリーダを使用したりする。

コネクション

セッション

MARS

参考


Tags: :データアクセス, :SQL Server


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-30 (火) 11:03:17 (843d)