マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

ディスクI/Oを減らす系の作業が多い。

メンテナンス プラン

インデックスの再構築・デフラグ

空ページを削除し、データ ファイルを圧縮

インデックスの統計情報を更新

内部一貫性チェック

SQL Serverでは、「DBCC CHECKDB」ステートメントを使用して、
指定されたDB内の、すべてのDBオブジェクトの割り当てと構造的整合性を
チェック、修復することができる。

DBCC CHECKDB

  • オンラインでの実行
    • 「DBCC CHECKDB」ステートメントは、スキーマ ロックを保持する。
    • スキーマ ロックとのロックの互換性から、
      オンライン操作(DMLステートメント)は許可されるが、
      DDLステートメントは許可されないので注意する。
  • 処理の負荷
    • 「DBCC CHECKDB」ステートメントは、CPU とディスクに大きな負担がかかる。
    • まず、チェックする「データ ページ」が、メモリに読み込まれなければならない。
    • その上、tempdbを使用してデータを並べ替える。
  • また、ログの読み取りが終了するまで
    「トランザクション ログ」の切り捨てをブロックするため、
    「DBCC CHECKDB」ステートメントの実行中にトランザクションを
    活発に実行すると、「トランザクション ログ」が増大し続ける。
  • このため、サーバの負荷が軽い時間帯に、
    「DBCC CHECKDB」ステートメントを実行することが推奨される。
  • オンライン処理の性能に影響を与えないための推奨事項
  • システムの使用率が低いときに実行する。
  • 他のディスク I/O 操作を実行していないことを確認する。
  • tempdb を別のディスク システム、または高速なディスク サブシステムに配置する。
  • tempdb が拡張できるように、ドライブに十分な空き領域を用意する。
  • オプション
    • 「ESTIMATE ONLY」オプション
      tempdbに必要な空き領域のサイズを見積もる。
    • 「NO_INFOMSGS」オプション
      処理量とtempdbの使用率を減らす。
    • 「PHYSICAL_ONLY」オプション
      チェック内容を、DBの物理的一貫性のみの
      低オーバー ヘッド チェックに変更する。

バックアップ

データ圧縮

パーティション毎、異なる圧縮オプションを使用できる。

  • ページ圧縮
  • 行圧縮
    • プレフィックスの圧縮
    • 辞書の圧縮

ディスクI/Oを減らすが、CPU時間は増える。

チューニング

ディスク・コントローラのI/O性能をフル活用する。

RAID、ディスク・レイアウトなど。

ファイル・グループに分割・配置

データのパーティション分割

インデックス見直し

スパース列として設定

監視

問題を監視する。

その他


Tags: :データアクセス, :SQL Server


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-25 (月) 12:50:17 (549d)