マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

Reporting Services (SSRS)は、SQL Serverに付属のレポーティング機能。

  • SQL Server の標準機能として搭載
  • Webエディション、Express(with Advanced Services)ではローカルのデータベースのみホスト可能 
    • 詳細についてはその他の「SQL Server の各エディションがサポートする機能」を参照
  • レポートの作成ツールとしては、
    • OfficeライクなGUIの「レポート ビルダー」と
    • Visual Studio 2010 に統合された「レポート デザイナー」の

2種類がある

  • レポートの作成ツールで作成したファイルはレポート定義言語 (RDL) ファイルとして保存

レポート定義言語 (RDL)

概要

  • SSRSレポート定義の XML 表現。
  • データ取得とレイアウトの情報を含む。
  • SSRS用のXMLスキーマを定義し商用レポート製品の相互運用性を促進する。

参考

レポート ビルダー

  • Microsoft OfficeライクなGUIでレポートをデザインできるクライントツール
  • ダウンロードセンターからインストーラをダウンロードし、クライアントにインストールしておく必要あり。

レポート作成のながれ

レポート ビルダーを使用してのレポート作成の流れは
以下のイメージ(SQL Server 2012を使用しての例)

起動

起動 → 「作業の開始」ダイアログが表示

ウィザードを選択

  • [テーブルまたはマトリックス ウィザード]
  • [グラフウィザード]
  • [マップウィザード]
  • [空のレポート]

データセットの選択

  • [このレポートの既存データセットまたは共有データセットを選択する]
  • [データセットを作成する] → ここでSQLサーバに接続する設定を行う

クエリのデザイン

  • レポートの元となるデータを選択する(ダイアログ)
  • [テキストとして編集]ボタンで選択したデータに対して自動生成されたSQL文を編集可能

フィールドの配置

「クエリのデザイン」で選択したデータをそれぞれ 列、行、集計の
いずれで使用するか設定(ExcelのPivotテーブルの様なイメージ)

レイアウトの選択

スタイルがいくつか用意テンプレートとして用意されているので、
選択(「汎用」はスタイルなし) > これでたたきは完了

デザインの編集

  • あとは、
  • 画面上でデザインモードと実行モードを切り替えながら、
  • フィールドの位置を変えたり、画像を入れたり、
  • 集計の単位などのプロパティを変更してして

レポートを完成させていく

レポートサーバへの保存

作成したレポートは、レポート サーバー(Reporting Services をインストールしたサーバー上)へ保存することで、共有する

  • [レポート ビルダー]メニューから[オプション]ボタンで、
  • [既定で使用するレポート サーバー または SharePoint サイト]
    (Reporting Services がインストールされているマシン)のURLを設定して、
  • 保存するとサーバに保存される。

Web ブラウザーからの参照

  • レポートサーバに保存されたレポートは、ブラウザから以下のURLで確認できる
    http://[レポート サーバー名]/ReportServer/[レポート名]~

※「レポート デザイナー」では[プレビュー]機能で確認したり、
スタンドアロン プレビューブラウザーでローカルで参照することが可能

レポート デザイナー

  • レポート デザイナーは、Microsoft Visual Studio ベースのグラフィカルなクエリ ツールおよびデザイン ツール。
  • 「SQL Server Data Tools」の一部で、インストール時にコンポーネントの選択画面で選択しておく必要あり。

利用シーン

難易度の高いレポート開発をしなければならない場合に使う。

  • SSISやSSASと連携したり、
  • 「カスタム拡張機能」を使う。

機能比較

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd207010(v=sql.105).aspx

レポート作成のながれ

レポートサーバへの保存

[配置]機能でレポートサーバへ保存(デプロイ)可能

Web ブラウザーからの参照

ReportViewer コントロール (Visual Studio)

概要

  • ReportViewer コントロールは、アプリケーションでレポートを処理および表示する目的で提供されているコントロール
    • ASP.NET AJAX プロジェクトのレポートをホストするための ReportViewer Web サーバー コントロールと
    • Windows アプリケーション プロジェクトのレポートをホストするための ReportViewer Windows フォーム コントロールがある。
  • Visual Studio[Web サイト]プロジェクトもしくは[Windows フォーム]プロジェクトの機能(メニュー)から画面やWindowフォームにレポートを追加してデザインすることができる

参考

参考


Tags: :データアクセス, :SQL Server


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-21 (金) 12:16:28 (43d)