マイクロソフト系技術情報 Wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • 単一ページで構成される Ajax アプリケーション。
  • HTML5 / CSS や、各種 JavaScript ライブラリを使用することで、
    • UX の向上
    • マルチデバイス対応

が可能となる。

  • Single-page application(以下、SPAと略す)では、
    • クライアントサイドは各種 JavaScript ライブラリを使用してデータ操作を行い、
    • サーバサイドは WebAPI を使用して RESTful にAction Methodを実行する。

適合 / 不適合

適合するケース

  • ステートレス、サーバーレス
    • mBaaS的
    • WebAPIマッシュアップ的
  • コンポーネント指向
    最近のSPAはコンポーネント指向
    • jQueryのように、ページ中のHTMLをDOM処理するような処理は書かない。
    • 横の繋がりも、縦の繋がりも無い。縦はBindingみたいなことはできる。
    • コンポーネントの切り方が重要になってくる(下手に切ると上手く実装できなくなる)。

適合しないケース

  • 無限ループが起きるため、Entryで使えそうで使えない(内部でコンポーネントの再描画するため)。
    • 理由は、Reactive Extensions(Rx)的なオブザーブ処理。
    • AngularはRxJS、Reactは独自オブザーバーを実装している。

問題点

流行りのアーキテクチャであるものの、昨今、色々な問題点が指摘されている。

フレームワークやツール

knockoutは早々にメインストリームではなくなって、

React、Angularがメインストリームに切り替わっている。

更に最近は、Reactが伸びてきているもよう。

数(変化)が多い

その中で、1つ1つに、単純な難しさがあるらしい。

ライフサイクルと移行パスに、グレー感がある。

項目移送の段数が増加する。

  • 要約すると
    • RESTが辛い
    • 理由 : データフローが解り難くなる。
  • 確かに、.NETの場合も段数が大幅に増加する。

ASP.NET Web Forms

非常にシンプルに書ける。

  • SQL → DataTable? → Binding

ASP.NET MVC

やり方は数パターンあるが、サボって、DataTable?をViewに持って行くこともできる。
ただし、この場合は、双方向 Bindingは不可。単方向Bindingのみ。

  • SQL → DataTable? (or Dapper → POCO) (→ ViewModel?) → Binding

ASP.NET SPA

物理的 (クライアント・サーバー) & 言語的 (.NET・JavaScript) な境界がありサボれない。

  • SQL → DataTable? (or Dapper → POCO) → JSON → ViewModel? → Binding

Tags: :プログラミング, :.NET開発, :.NET Core, :ASP.NET, :ASP.NET Web API, :ASP.NET SPA


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-14 (月) 18:27:27 (156d)